アメーバブログ商用利用改定。アフィリエイト可能に2018.12.25

平井
どうも!平井です。「ペタ」機能のおかげで拡散力が強く、アフィリエイトしやすい環境のアメーバブログ(アメブロ)が、アフィリエイト利用を解禁しました。ただし、条件があるので、注意点と一緒に解説をします。

 

こんな方におすすめ

  • 無料ブログでアフィリエイトしたい
  • 無料ブログでサテライトサイトを作りたい
  • アメブロでアフィリエイトに挑戦したい

 

2018年12月25日付で、アメブロがアフィリエイト利用を解禁しました。

 

ただし、ワードプレスのように全面的にOKというわけありません。

改訂された規約の原文には注意する点があります。

以下、アメブロのアフィリエイトに関する規約です。

ご自身の体験を元に感想や考察を交えながら商品を紹介する
※ご自身で購入、体験した商品であれば、感想や考察はなくとも文章の流れとアフィリエイトリンクが合っていればご利用いただけます

なお、上記をご利用いただく場合は、必ずお問い合わせ先等を明記するあるいはコメントやメッセージ機能を開放して、読者がお問い合わせできる状態にしてください。

引用元:アメーバブログ商用利用ガイドライン(https://helps.ameba.jp/rules/ameba_75.html

 

注意すべき点は、

自分で購入もしくは登録等をしたサービスしか、アフィリエイトしてはいけないということ。

 

複数の商品を紹介する比較レビュー形式、

ランキング形式などでアフィリエイトしようとすると、

全商品を試すことになり、とてつもない労力がかかってしまいます。

 

では、アメブロで今後アフィリエイトをするなら、

どんな形で利用するのが良いのか。

 

向いている案件と向かない案件を、

アメブロ内でのアフィリエイト禁止事項と併せて今回の記事にします。

 

アメブロアフィリエイトでの禁止事項

アメブロに規約に反してアフィリエイトをしてしまうと、

速攻で記事を削除されてしまいます。

 

バックアップなしで稼ぎ頭の記事が削除されたら

目も当てられませんよね。

 

まずは絶対違反してはいけない禁止事項を確認しましょう。

 

法令に違反している、または違反している可能性のある商品やサービス等の販売や宣伝

広告主(アフィリエイト商品の販売者)のページにて、

法令違反がある場合もアフィリエイターの記事を削除されてしまいます。

 

わかりやすいのは、18歳未満に出会い系を勧めたり、お酒やタバコの販売を勧めたりする場合です。

 

さらに、アフィリエイトで気を付けるべきは、

・誇大広告

・薬機法違反

の2つです。

 

誇大広告で代表的なものは「二重価格表示」。

例)今だけ24.000円⇒9.800円。

 

二重価格表示については、最近になって非常に厳しくなっています。

 

その証拠に、消費者庁が2018年10月18日、

通販大手のジャパネットに対して、

二重価格表示の景表法違反で措置命令をだしました。

【参考(外部サイト):消費者庁 ジャパネットに景表法違反で措置命令、不当な二重価格表示と判断-通販新聞

 

「誰でもやってるだろう・・」

と油断せずに、広告主のサイトをしっかりと確認してアフィリエイトしてくださいね。

 

薬機法については後で触れます。

公序良俗に反する商品・サービス等の販売や宣伝

ハッキリと具体例は明記されていませんが、

通常のサーバーでも禁止されているものを避けましょう。

 

出会い系、アダルト関連、

ギャンブル関係などのアフィリエイトですね。

 

他者の著作権・商標権・肖像権・プライバシー・知的財産権等他者の権利を侵害する物品等の販売

これはアメブロアフィリエイトに限りません。

パクリ、フリー素材以外の画像使用などはやめましょう。

 

「絶対儲かる」「必ず成功する」などの表現により、購入者に誤解や損害を与える恐れのある内容の投稿や商品・サービス等の販売、宣伝

絶対、必ず、等の言葉を使いたくなったら、

「数字で根拠を示す!」と覚えておいてください。

 

たとえば上記の「二重価格表示」の件でも、

僕の記事では消費者庁が措置命令をだした日付、

ニュースサイトへのリンクを貼って客観的なデータを示しています。

 

これを、

「二重価格表示の規制が厳しくなっています」

と書くのとでは説得力が違いますよね。

 

絶対、必ず等の言葉にカンタンに頼らずに、

客観的なデータ等で読者を深く納得させましょう。

 

 

医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律・健康増進法・医療広告ガイドライン等その他各種法規・法令等に違反する内容

医薬品、化粧品、健康食品などのアフィリエイトです。

こういった案件はYMYL案件と言って、

そもそもGoogleからの評価が厳しいのでオススメしません。

 

YMYLって何という方向けに、動画で解説しています。参考にして下さい。


さらに、アメブロ側では具体例も挙げています。

 

  • 「絶対に痩せる」等の表現で商品を紹介すること
  • Before/After(使用前/使用後)の画像を掲載し、効果を保証する表現で商品を紹介すること
  • 著名人を想起するような名称・画像等を無断・無許可で使用し、商品を紹介すること。例: ●●(人物名)絶賛!とにかく痩せるサプリメントです!
  • 根拠の無いランキング形式で商品を紹介したり、嘘の体験談等を掲載すること

 

以上です。

アメブロに限らず、どのアフィリエイトでも厳しく禁止されていることばかりですが、

破った途端に即記事削除(=収益ゼロ)です。

 

無料ブログは容赦なく切り捨てられますので、

よく注意してくださいね。

 

アメブロアフィリエイトに向く案件

禁止事項をふまえると、

自分の体験をもとに商品を勧める案件が相性が良いことがわかります。

 

趣味ブログとして運営し、関連商品の紹介をする。

 

情報商材の実践記を公開し、

成果が出た商品をアフィリエイトしてみる。

 

雑記ブログ(ライフハックなど)として運営し、

サービスをアフィリエイトする。

 

アパレル関係の記事、

コーディネートなどを紹介し、

そのブランドのECサイトへアフィリエイトリンクを貼る。

 

これらは一例に過ぎませんが、

読者との交流を楽しみながら紹介できるアフィリエイトが向いていますね。

 

そもそも自分での購入歴がないとNGですので、

自己アフィリエイトで仕入れた商品をアフィリエイトしていく、

という手もあります。

 

自分ですべて試すのは労力がかかりすぎるので、

紹介商品は少なくても済むよう、

1ジャンルを深く掘り下げて自己体験記事を多く更新するスタイルが向いているでしょう。

 

アメブロアフィリエイトに向かない案件

アメブロでは自己体験を基にアフィリエイトをするので、

たくさんの商品を比較する、サイトアフィリエイトには向いていません。

 

ランキングサイトを作ろうにも、

禁止事項に「根拠ないランキングは禁止」とあります。

 

ということは、

自分の感想や体験だけでランキングを作ってしまうと、

高確率で禁止事項の対象になってしまうでしょう。

 

つくるとすれば、

たとえば車の一括査定案件で、

「提携会社数」「運営歴」「査定時間」

などの情報を広告主から収集し、ランキングにするなど。。。

 

ただ、

そんな表を作るなら、アメブロを使う意味がありません。

 

カスタマイズが自由自在のワードプレスや、

ランキング機能搭載のシリウス等を使うべきでしょう。

 

 

アメブロ商用利用(アフィリエイト)改正まとめ

アメブロユーザー同士でのアクセス履歴を追えることから、

集客力や拡散力で話題になったアメブロ。

 

アメブロ内の商品以外のアフィリエイトを解禁したことで、

これから先にユーザーが増えることも考えられます。

 

「いきなりワードプレスは難しいかな」

 

と思っているからには、

練習代わりにも使えますし、

50記事や100記事、しっかりと投稿・運営していれば、

ワードプレスサイトのサテライトサイトとしても使えます。

 

サテライトサイトとは、サブサイトからメインサイトへとリンクを飛ばすことで、メインサイトの被リンクSEOを強くし、検索順位を上げることをいいます。

 

アフィリエイトをする以上、

情報アンテナ高さとキャッチするチカラは必須。

 

無料で始められるので

失敗も何も考えずにまずはやってみる気合でチャレンジしてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください