Googleアドセンス審査ブログ作成のコツ2018年版

pasokon

こんな方におすすめ

  • アドセンス審査に1発合格したい
  • 大手のクリック広告で素早く稼ぎたい
  • Googleアドセンスの審査用ブログを作りたい

 

どうも!平井です。

 

せっかくブログを始めたなら、少しずつでも収益化したいですよね!そのために気軽に取り入れられるのがクリックされるだけで報酬になるアフィリエイト広告。

 

ただ、クリックアフィリエイト広告のGoogleアドセンスは、審査基準を満たしたブログにしか、広告を掲載させてくれません。そのため、広告掲載の前に審査があります。

 

ある程度の記事数があって、アダルトコンテンツなどの禁止条項を守って、、と色々なルールがあり、アフィリエイト初心者さんにはなんのこっちゃわからないと思います。

 

そこで今回は、Googleアドセンス審査用のブログ作るポイントをまとめました!広告掲載の審査申請をする前に、必ず確認してくださいね!

 

たとえブログがGoogleアドセンスの審査に落ちてしまっても、再申請は可能です。

 

Contents

アドセンス審査用ブログの準備

「ブログだったら無料ブログでもいいの?」

と思われるかもしれませんね。

 

残念ながら、2016年3月から、

独自ドメインのブログでしか、

Googleアドセンスの審査に通らなくなりました。

 

ようするに、

無料のアメブロとかライブドアブログとかでは、

アドセンス審査に通らないのです^^;

 

「ドメインとかよーわからん!」という方のために、

作り方を解説しますね。

 

独自ドメインのブログの作り方

 

独自ドメインのブログを作るには

  • ワードプレス(推奨)
  • サイト作成ツール
  • 「はてなpro」などの無料ブログ課金

がメジャーな手段です。

 

このブログでは、

独自ドメインやサーバーレンタルなど、

ワードプレスブログ構築に関してはカスタマイズまですべて解説しているので、

アドセンス審査用のブログ構築がまだの方は参考にしてください!

ワードプレス構築関連の記事

ゼロからワードプレスを構築しよう
独自ドメインを取得しよう

 

アドセンス審査用ブログの初期設定

広告掲載をするには、グーグルに”ちゃんと運営してますよ!”とアピールしないといけません。

そのために、アドセンス審査用ブログには、2つの初期設定が必要です。

  1. タイトル・キャッチフレーズ・問い合わせ先の設定
  2. アクセス解析ツールの導入

 

タイトルとキャッチフレーズ・問い合わせ先の設定

ブログが空っぽでは、運営歴をアピールできませんよね^^;

タイトルとキャッチフレーズをちゃんとつけて、

テーマに合ったブログ記事を投稿しましょう。

 

タイトル例:アフィリエイトの始め方

キャッチフレーズ:月収20万円~100万円をGETして脱サラを目指しましょう!

 

問い合わせに関しては、プラグインで簡単にできます。

CHECK!Contact Form7でお問い合わせ」フォームを作成する

 

タイトルを変えすぎるとGoogleからの評価が下がります。後で変えなくて済むように、読者が検索しそうな重要なキーワードを2,3語いれましょう。

 

アクセス解析ツールの導入

Googleが提供しているアクセス解析ツール、

google analyticsとSearch Consoleを導入します。

 

google analyticsはアクセス数、ページ滞在時間など、

読者の行動を解析します。

 

Search Consoleは、

どんなキーワードで読者が記事へアクセスしたか、

記事が検索順位で何位にいるか、

などの検索結果と記事の関係を解析します。

 

どちらもブログ改善に必須のツールですので、

すぐに導入してください。

 

導入手順はこちら

googleアナリティクスの導入手順
サーチコンソールの導入手順

 

Googleアドセンス公式の禁止事項

アドセンス審査で一発アウトになるブログは以下のとおりです。

  1. アダルトコンテンツ
  2. 家族向けコンテンツに含まれる成人向けのテーマ
  3. 危険または中傷的なコンテンツ
  4. アルコールに関連するコンテンツ
  5. タバコに関連するコンテンツ
  6. ギャンブルとゲームに関連するコンテンツ
  7. ヘルスケアに関連するコンテンツ
  8. ハッキング、クラッキングに関連するコンテンツ
  9. 報酬プログラムを提供するページ
  10. 不適切な表示に関連するコンテンツ
  11. 衝撃的なコンテンツ
  12. 武器および兵器に関連するコンテンツ
  13. 不正行為を助長するコンテンツ
  14. 違法なコンテンツ

引用元:GoogleAdsenceヘルプ

 

それぞれどんなページのことか、

Googleからのコメントで解説しますね。

ちなみに、

今後のことも考えて公式動画でガッツリ学ぶこともできます。

 

アダルト コンテンツ

何がアダルトかは国や人それぞれですが、

  • 子どもに見せられるブログ
  • 職場の同僚に見せて恥ずかしくないブログ

とのコメントです。

アダルト分野でアクセスを集めて収益化をしたい場合は、nend、忍者admax、MAIST、アイモバイルなどを利用しましょう。

 

家族向けコンテンツに含まれる成人向けのテーマ

子供向けアニメのキャラクターの18禁同人誌、、

のように、一見してファミリー向けでも、中身がアダルトのような成人向けはNG、

という意味です。

 

危険または中傷的なコンテンツ

テロ、差別のような国家レベルの中傷はもちろん、

個人レベルでも、

自分を卑下した「自殺したい」という内容や

名指しで他人の悪口の内容はNGです。

 

危険ドラッグおよび薬物に関連するコンテンツ

これはそのまんまです(笑)

 

アルコールに関連するコンテンツ

Googleポリシーの原文だと、

  • アルコール飲料のオンライン販売
  • 過度の飲酒、暴飲や飲み比べ競争を好ましい行為として描写するなど、無責任な飲酒の奨励

とあります。

お酒の販売と節度を乱す内容がダメとのことですが、

アドセンス審査用のブログには、

あえてアルコールの内容を載せるのは避けましょう。

アドセンス審査にブログが合格し、広告を掲載するときに、希望をすればアルコールの広告を掲載することもできます

 

タバコに関連するコンテンツ

タバコは基本的に否定的です。宣伝も販売もNGです。

ただし、禁煙挑戦ブログのように、

アンチタバコ派でかつ、タバコの販売に関する文言がなければオッケーです。

 

ギャンブルとゲームに関連するコンテンツ

「ゲームも!?」と思われたかもしれませんが、

インターネットをベースにしたゲームを軸にしています。

中毒性のある課金やゲーム依存を防ぐためです。

 

なので、ドラクエ2攻略!などのブログには、

Googleアドセンスは広告を掲載しています。

 

ヘルスケアに関連するコンテンツ

市販薬の販売ページはオッケーですが、

検索順位を競うアフィリエイト視点からは、

ヘルスケアに関するブログをおすすめしません。

YMYLといって、読者の健康や生活、お金に直結する分野は検索評価がシビアです。詳しくは僕が動画コンテンツで解説しています。YMYLの説明動画へ

 

ハッキング、クラッキングに関連するコンテンツ

不正アクセスの裏技、ノウハウに関する内容はダメです。

 

【重要】報酬プログラムを提供するページ

ブログが審査に通ってから気を付けてほしいのですが、

読者を誘導して広告をクリックしてもらう文言は禁止です。

収益化を取り消しされるケースもありますし、

メルマガ読者やあなたのファンが、あなたに少しでも稼いでもらおうとして、悪気なく広告をたくさんクリックしてくれても違法です。友人にクリックを頼むなどは論外です。

 

不適切な表示に関連するコンテンツ

嘘、誇張、まぎわらしいなど、読者を騙してはいけません、という意味です。

 

衝撃的なコンテンツ

グロテスク、生々しすぎる、汚い、などがダメです。

血のり等でたとえ偽物だとしても、

グロテスクなものはダメ、とのことです。

 

武器および兵器に関連するコンテンツ

護身用であっても、銃刀法違反になるものもあります。

むやみに個人ブログでテーマにはしないでおきましょう。

※エアガンの販売もダメです。

 

不正行為を助長するコンテンツ

文書偽造(パスポート等)、

ここは例がたくさんありますが、とにかく不正行為の参考になる情報は全部だめ!とGoogleは言っています。

 

違法なコンテンツ

アドセンス審査どころか、サーバーからブログを消されます。

児童ポルノや詐欺サイトなど、

そもそも違法性の高いものを掲載しないようにしましょう。

 

長々と書きましたが、掲載後の広告誘導や友人等の広告クリックに気をつければ、他の違反はわざとしない限り大丈夫でしょう。

 

アドセンス審査に受かりやすい3つのポイント

Googleアドセンスの審査に関して、「こうしたら合格!」という基準は公開されていません。ただ、合格した方の体験記、修正して合格した方の記録などから、やっておくべきことがわかります。

 

ポイントは

  • 記事の質・量・更新頻度
  • 他社の広告の有無
  • 運営者情報

の3つです。

年々、求められる基準が高くなっていますので、
できるだけ早めにクリアしてアドセンス申請をしましょう!

 

①ブログ記事の質・投稿量・更新頻度

Googleがあなたのブログに対して心配なのは、
スポンサーになる以上、

  • Googleのイメージダウンはイヤ
  • 収益にならないブログはイヤ

という2点です。

 

だから禁止事項が厳しく決まってます。この2点を避けるようにアドセンス審査ブログについて解説しますね。

 

文字数だけにこだわらないこと

ブログ記事の質について、

「アドセンス審査に合格するには文字数は1500字以上書くべき」

というのが一番多い意見ですが、

大事なのはあくまでも読者が満足する情報量かどうかです。

 

たとえば文字数が500字程度でも、

図解や動画でわかりやすく書かれた記事なら、

Googleからの評価は高くなります。

 

実際、300字程度の記事でも図解でムダのない説明であれば1位表示

 

「でも自分は文字だけの記事が多いな…」

と思った方は、1つのテーマに対して

3~4つの角度から読者に伝えるようにしましょう。

 

1つの見出して400字程度として「400字×3~4見出し=1200~1600字」、これに書き出しの導入文とまとめをつければおよそ2000字程度です。

 

文字数だけにこだわって、ダラダラした文章にするのではなく、

視点=見出しを増やして色んな視点から記事を書く ようにしてください。

 

「でも、視点が思い浮かばないよ・・」

という人も大丈夫です。

 

自分が書いているテーマでネット検索をして、

上位記事をリサーチすればすぐに視点は拡がります。

 

自分の頭の中だけだとすぐネタ切れしますので、

情報を集めて視点を増やすだけでも、

網羅的な記事としてGoogleの評価は高くなりますよ(^^)/

 

投稿量は20~30記事を目安に

「何記事以上が合格ライン」という基準はありませんが、

落ちた人の体験記を見ると、求められる記事数は年々上がっているようです。

 

ひとまず20~30記事をめどに申請をしてください。

 

まったくアクセスのないブログでは、

広告を掲載しても意味がないですよね。

 

Googleにしても同じことですので、

アクセスが集まり始める記事数として、2,30記事は欲しいところです。

 

更新頻度は数日に1記事程度

できたばかりのブログで、記事数が20や30だと、

「果たしてこれから先も更新するつもりだろうか」

と疑われている状態です。

 

ですので1日に3記事投稿するよりも、

予約投稿機能を使って2日に1回程度投稿するほうが、

「Googleのスポンサーブログを継続する意思があります」

とアピールできるのです。

 

アドセンス審査を申請した後も、

合格通知がくるまでは更新頻度を保ってくださいね!

 

アイキャッチ画像を挿入する

一記事ごとにアイキャッチ画像を設定してください。

記事の一覧、本文の頭にある画像のことです。

 

画像収集に便利な

著作権フリーのサイトを紹介しますね!

写真AC(イラストACも同じアカウントで使えます)

ぱくたそ

 

改行と感想を意識した文章にする

Googleは、スマホで読みやすい文章にすることを重視し始めています。

 

スマホの横列は約20文字。

適度に改行して読みやすい文章にしてください。

 

また、学んだ情報を発信するときにありがちですが、

必ず自分の感想をいれながら書いて下さい。

 

悪い例

友人と利用したホテルの紹介です。スタッフの接客態度がよく、清潔で過ごしやすかったです。また行きたいと思います。子連れの方にもおすすめです。

 

良い例

やんちゃざかりの4歳の息子と私、女友達と3歳の娘さんの4人で宿泊しました!

出迎えからスタッフさんがニコニコしながら荷物を持ってくれて、

子どもたち用にオモチャも用意してくれて大喜び!

 

ホコリ一つないピカピカなお部屋で、

そこらじゅうを触りまくる子どもがいても安心です。

 

リピート利用、確実です!

 

客観的な情報ではなく、

あなたが何に対してどう思ったか、

主観たっぷりに書くことで独自性のある文章にしてくださいね!

 

カテゴリーを未分類のまま放置しない

記事のジャンルごとにまとめるカテゴリー機能が、

どのブログを使っていてもあるはずです。

 

初期設定ではすべての記事が「未分類」となるので、

カテゴリーを増やして

読者が希望の記事にアクセスしやすいようにしてください。

 

②他社の広告の有無

もしも、審査のない他社の広告を載せているなら、

外しておいてください。

 

他のスポンサーがいて収益率が低そうな場所に、

わざわざ時間を割いて広告を掲載しようと思いませんよね^^;

 

③運営者情報(プライバシーポリシー)

Googleの立場だと、

「広告に私好みの内容があるのって、個人情報を勝手に見てるの!?」

と読者からの苦情があるを恐れています。

 

ですので、あなたにはブログ内の広告について

  • cookieという機能で趣味嗜好を予測しています
  • 抵抗があればcookieを無効にできます
  • ブログの責任者は私です

という条項を読者にアナウンスしてほしいのです。

 

こういった、個人情報に関する条項をプライバシーポリシーといいます。

 

ネット検索で「アドセンス プライバシーポリシー」

などと検索すればテンプレートがでてきますので、

修正して使ってください。

 

名前の記載欄がありますが、本名ではなく活動名でオッケーです

 

長くなりましたが、お伝えすることはこれで以上です。最後にまとめでおさらいしましょう!

 

Googleアドセンス審査ブログのポイントまとめ

アドセンス審査の前に、チェック項目をクリアしているかを確認します。それぞれのチェックごとに紹介した他記事や外部サイトのリンクも改めてまとめますね!

  1. 独自ドメインのブログを作る
  2. タイトル・キャッチフレーズ・問い合わせを設置
  3. Googleアナリティクスとサーチコンソールを設定
  4. アダルト・犯罪・タバコやお酒などの禁止事項
  5. 記事数は20記事~30記事が目安
  6. 1記事1500字以上になるように見出しを3~4つ作る
  7. 更新頻度は数日に1記事
  8. 記事ごとにアイキャッチ画像を設定
  9. 改行と感想を意識した文章にする
  10. カテゴリーを設定する
  11. 他社の広告を外す
  12. プライバシーポリシーを設置

 

参考記事

ゼロからワードプレス構築
ワードプレスに問い合わせフォームを設置する
Googleアナリティクスの導入
サーチコンソールの導入
フリー画像サイト「写真AC]
フリー画像サイト「ぱくたそ」

長い記事でしたね^^;
お疲れさまでした!

準備が整ったので、

申請をしてみる方は申請手順の解説記事へどうぞ♪

 

CHECK!図解-Googleアドセンス審査の申請手順2018年版-

 

「ここわかりにくいなー」
「どういう意味だろう・・」

と思うところがありましたら、

遠慮せずにお問い合わせ下さいね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください