メルマガ配信が怖い?アフィリエイトで稼ぐなら怖さを克服しよう!

メルマガって、ブログを始めるよりもハードルが高いですよね。読者に直接届くので、ブログよりも完成度が求められそう・・と思ってしまいます。

 

でも実は逆で、メルマガの方が「自分自身について」とか「雑談」など、気軽な内容こそ求められます。図の挿入とか見出しとか、、検索結果を意識したキーワードも考えなくても良い。

 

にもかかわらず、読者との親近感が生まれやすくて商品が売れやすい!

 

アフィリエイトにはもってこいのメディアです。

(参考記事:ブログメルマガアフィリエイトが一番稼げる理由

 

平井の場合、最初のメルマガは手が震えるくらい緊張しましたが、今は「ブログをサボってもメルマガは毎日配信」という逆転現象が起こっています。

 

それぐらいオススメなメルマガ、問題なのは恐怖心だと思うのです。

「読者と直接やりとりって怖い」

「わからないことを聞かれたらどうしよう」

「何を書いたら良いかわからない」

「登録を解除されたら凹む」

など、怖い想像はいくらでもできてしまい^^;

ただ、ビジネスを本気で資産化するにはメルマガは避けて通れません。

と同時に、繰り返しますがブログよりも簡単なのでやらないのは損です。

というわけで今回は、あなたがメルマガの一通目を送りたくなる「メルマガの恐怖をなくす」というテーマでお話をします。

 

メルマガが怖い点その1「読者と直接のやりとりが怖い」

 

僕も怖かったです(笑)

 

僕はメルマガ登録者には、メルマガとは別に個別返信を送っています。この返信だけで最初の人に対しては手が震えました(笑)

 

内容は「お礼とあいさつ」だけなのですが、「キモいとか思われたらどうしよう」とか、ウジウジ悩んでいました。

 

「なら送るなよ」と思うかもしれませんが、自分が読者側だったら、気に入ったブログの管理人から個別でメールがきたら嬉しくないですか?

 

僕はすごく嬉しいし、コミュニケーションを取りたい気持ちがあるので、必ず個別に送るようにしています。

 

何度も何度も宛先を確認し日本語がおかしくないか、うっとうしい言い方をしていないか、、

 

お礼とごあいさつだけで1時間も送れずにウジウジしていました。

 

まあでも、おもしろいくらい返信はありません(笑)だからといって、配信解除されることもありません。

 

こちらが緊張でガクガクしているほど、読者は何とも思っていない」ってことです。

だったらこちらが慣れるしかないです。

 

メルマガ登録のお礼も4回、5回と繰り返せば、世間話を挟めるぐらい慣れます

メルマガが怖い点その2「わからないことを聞かれたらどうしよう」

読者は、あなたのブログを読み、共感したり知識に感心したりしてメルマガ登録します。なので知識レベルがあなたより上の人に登録されることはほぼありません。

 

あなたより知識レベルが上の人は、ブログを読んだだけで

「自分より下だな」

と判断して、すぐに去ります。

 

たとえわからないことを聞かれても「その内容は詳しくないので、調べる時間をください」と正直に言えばオッケーです。

 

知っているフリをせず、誠実に対応すれば誰だって信頼してくれます。むしろ「わざわざ調べてくれてる」とさらに信頼してくれます。

 

ただ、実際にメルマガをするとそもそも質問がくることが稀。

 

質問がくること自体が喜ぶべきコト、ということに気づくはずです。

 

一方的な配信だけではなく、双方向のコミュニケーションが増えれば増えるほど良いです。あなたがより身近な存在になり、商品の購入率もグンと上がります。

 

最初の頃はほんとに読者の反応がなく、自分の配信が正しいのかもわかりません^^;

 

「アンチでもなんでもいいから誰か返事ください!」と思うようになります。

 

苦情ですら、送ってさえくれれば改良できますから。。

 

メルマガが怖い点その3「何を書いたら良いかわからない」

何を書いたら良いか・・と思っている人は、メルマガを真面目にとらえすぎかもしれません。

 

「毎日配信しないと・・」

「すぐにタメになる知識を送らないと」

 

もしくは、いろんな教材やネット情報で知識があり

「10日ぐらいでセールスしないと」

「自動送信でシナリオを作らないと・・」

 

そんなに堅苦しく考えないでください。

慣れないうちは自己開示を中心にして「まずはあなたという人を覚えてもらう」ことを目標にしてください。

 

読者のほとんどは、そこまで熱心に読みません。むしろ、力の抜けたあなたの人間性がわかる配信があって、親しみを感じたあとから熱心に読んでくれるようになるのです。

 

だからテクニックや知識はブログ記事に任せて、配信内容は原則、ジャンルや商品を勧めるに至った想い、あなたの人となりがわかるエピソードなどにします。

 

 

平井のメール講座では

 

・辛かったうつ病時代

・上司との人間関係の悪化

・適応障害と診断されたこと

・人間関係が苦手な人の助けになりたい

・脱サラをして好きな人とだけ関わってほしい

・ブログメルマガの連動が大事

 

など、テクニックや知識以外もたくさん発信しています。

 

テクニックや知識などは、メルマガの途中でブログへのリンクを貼って対応、ということが多いです。

 

最初の1通目~3通目ぐらいは、ほとんど自分の話やビジネスへの想いを中心にしています。

 

想像してみてください。

 

いくらイイ商品を勧めてくれるとしても、得体のしれないセールスマンから買おうと思いませんよね^^;

 

メルマガも一緒で、まずは世間話でもしてリラックスしましょう♪

 

平井は過去の失敗を語って共感してもらったり、詐欺になった経験を話したりしています^^

 

そんなリラックスした配信でも、予想外に返信やクリックが殺到する回がでて、何が読者に求められるかわかります

 

メルマガが怖い点その4「登録を解除されたら凹む」

ブログを思い浮かべてください。

 

毎日、ほとんどの人が1ページを見ては立ち去り、もしくはタイトルをみてクリックをしなかったり。

 

アクセス解析を1分1秒チェックして、このことに一つ一つ落ち込むでしょうか。

 

メルマガってわざわざ解除通知がくるので、ブログではフツーに起こることが目立ってしまうのです。

 

それで、何となく自分が否定された気持ちになる。

 

でもビジネスで一番大事なのは何でしょうか。

 

あなたが情報を届けたい人に、求められる情報を届けること。そして、情報届けた人が、あなたの紹介した商品を通じて「理想の未来」を手に入れることです。

 

そうやって感謝されつつ稼ぎ、ネットの力を使って情報を拡散させる。情報は一回書いてしまえば何人に届けても労力は同じ。だからこそネットビジネスが成立するのです。

 

配信解除をされるというのは「あなたが情報を届けるべきでない人」、つまりターゲット以外が去っただけ。

 

むしろ喜ばしいことです。

 

 

なぜかというと、ターゲットがズレたまま商品を売ってしまったら、、

 

「こんなはずじゃなかった!」

 

「聞いてないぞ!」

 

「思ってた商品じゃない!」

 

と、アフィリエイターの誇大広告として苦情につながるのです。

 

配信解除は、後々のトラブルを未然に防ぐために、すごーーーく大事なコトなのです。

 

喜ばしいことであって落ち込むことではありません。

 

ラッキー♪ぐらいに軽いノリで受け止めましょう。

 

メルマガの怖い点を克服しましょう!

 

今回のまとめです。

メルマガの恐怖をなくすために知っておきたいことを学びました。

 

1,そもそも反応がないので、怖がらずに数をこなす

 

2,自分より知識レベルの高い人は、購読しないので堂々と配信する

 

3,自己開示を中心に配信する

 

4,登録解除はターゲット選定の一環。悲しいことじゃない。

 

という内容でした。

最初の配信は自己開示といいましたが、もっと簡単な「記事の更新通知」だけでもいいですよ。

ブログを更新しました。

こんな意味をこめて書いた記事です!

こういう方にピッタリの内容ですので、ぜひ読んでみてください!

など、記事の紹介や想いをコメントして短く配信すればオッケーです。

 

 

ダントツに成果が早いのがメルマガでのアフィリエイト。ブログと並行してすぐにでも取り入れましょう♪

(参考記事:ブログメルマガアフィリエイトが一番稼げる理由


P.S

記事の中でわかりにくかったところ、感想、雑談など

お気軽にご連絡ください→平井に連絡してみる

アフィリエイト初心者さん向けの無料メール講座を配信しています。

読者の方からは「久々にホンモノのメルマガに会えた!」と喜びの声を頂いています。 詳しくはこちらから紹介ページをご覧ください。

人間関係が原因で脱サラ後、体調不良で転職もできないままでした。

【もう人間関係に悩まない!】をモットーにアフィリエイトを始め、今ではパソコン1台で仕事ができるようになりました。

一人でも多くの人の「脱サラ準備」をサポートしたい!その一心で配信しています。よければ登録していってくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください