【プラグイン】backWPupで作業中のデータを自動バックアップ

必死で記事を書いているときに限って、ブラウザーがいきなり停止。ワードプレスは自動で下書き保存をしますが、それにしても失われるデータは多いです。

 

同じ文章をもう一度書こうとしても思い出せない。
せっかくわかりやすく編集したのに、、

 

時間を返せコラ!

 

て叫びたくなります。

 

今回ご紹介するプラグイン「backWPup」を使えば、直前のデータまでワンクリックで復元できます。復元画面まで丁寧にご紹介しますので、ぜひ導入をご検討ください。

 

backWPupのインストールから有効化

ダッシュボード画面のプラグインにカーソルを合わせ「新規追加」をクリック。

 

検索ボックスに「backWPup」と入力し、でてきたbackWPup右上の「今すぐイントール」をクリック。

 

インストール中になります。

 

インストールが終わったら有効化をクリック。

 

backWPupは、設定の必要がないプラグインです。

有効化するだけで、自動でバックアップをとってくれます。

 

backWPupを使った復元の仕方

記事を打っている途中で突然ブラウザーが停止。

ページを閉じざるを得なくなったあと、ブラウザーの復元機能でページの編集画面にいけるはず。もしダメだった場合は、投稿一覧のなかに編集中の下書きがあります。

記事の編集画面になって、30秒ぐらい待ってください。

するとタイトル入力欄の上に「バックアップから復元」というボタンが出るのでクリック。

これは、ワードプレスの自動保存よりもさらに編集した内容がある場合に現れます。

 

これで終わりです。

直前の編集時点まで復元できます。

 

うまく導入できましたでしょうか。

復元ボタンが出るのが少し遅いので、ブラウザーの急停止の後でも焦らずに待ってくださいね!

 


P.S

記事の中でわかりにくかったところ、感想、雑談など

お気軽にご連絡ください→平井に連絡してみる

アフィリエイト初心者さん向けの無料メール講座を配信しています。

詳しくはこちらから紹介ページをご覧ください。

人間関係が原因で脱サラ後、体調不良で転職もできないままでした。

【もう人間関係に悩まない!】をモットーにアフィリエイトを始め、今ではパソコン1台で仕事ができるようになりました。

一人でも多くの人の「脱サラ準備」をサポートしたい!その一心で配信しています。よければ登録していってくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です