ワードプレスのサイドバーに他ページにリンクする画像を貼る手順

サイドバーとは、赤枠で囲った部分のことです。記事を読んでいる時にも目につきやすいので、自分に興味をもってもらうキッカケになるプロフィール、オススメしたい商品、メルマガの案内などを配置します。

 

今回は文字だけではなく、読者によく目立つ画像付きリンクを貼ってみましょう。

まず、ダッシュボード画面の「外観」にカーソルを合わせ、「ウィジェット」をクリック。

 

メニュー内から「テキスト」をクリック。

 

配置したい場所を選ぶメニューがでてきます。今回は「サイドバーウィジェット」ですね。テーマによっては「サイドバー」と表記されるなど、呼び方が違う場合があります。

 

ウィジェット画面右側の、配置場所のエリア「サイドバーウィジェット」に「テキスト」が追加されました。編集しやすいようにメニューが開かれた状態ですね。

↓↓↓

 

サイドバーウィジェットに追加した「テキスト」を編集します。試しにタイトルを「プロフィール」とし、顔画像を貼り、画像にプロフィールページのURLを挿入してみましょう。

まず、タイトルに「プロフィール」と入力。本文を編集する前に、「ビジュアル」モードに切り替えておきましょう。

 

画像を追加します。「メディアの追加」をクリック。ライブラリ内に画像をアップロードします。貼りたい画像がメディアライブラリ内にあれば、この項目は飛ばしてください。

ファイルをアップロード」をクリックして画面を切り替え、「ファイルを選択」をクリック。

 

アップロードしたい画像をダブルクリックします。

 

メディアライブラリに画像がアップロードされました。さらに、貼り付けたい画像としてチェックがついていますね。

投稿に挿入をクリック。

 

「テキスト」内に画像が挿入されました。

 

画像の大きさを調整したいときは、画像をクリックして現れる四隅の「□」をドラッグすると調整できます。

↓↓↓

上にずらすと小さく、下にズラすと大きくなります。

 

では、画像にリンクを挿入ましょう。

画像をクリックして選択します。そして、クリップマークをクリック。リンクの挿入画面を開きます。※テーマによっては、画像を挿入した時点で、削除・完了などが書いてある部分に、リンクURLを挿入できるものもあります。

 

リンク挿入の右側、歯車マークをクリック。

画像をクリックした後に表示したいページのタイトルをクリック。今回はプロフィールですね。

 

自動でURLが挿入されます。リンク追加をクリック。

 

保存をクリックして完了です。トップページをみて、画像付きリンクがあるか確認しましょう。

 

無事にサイドバーに画像付きリンクがあります。画像をクリックすると、プロフィールページが表示されます。ただ、サイドバーの一番下にあるので、もっと目立つ位置に変えましょう。

 

ウィジェット画面に戻り、プロフィールをドラッグ&ドロップして他のサイバーメニューの上にあげます。

↓↓↓

トップページを確認すると、目立つ位置に表示されました。

 

画像付きリンクの下に文章を入れたいときは、ウェジェット画面から編集します。サイドバーウィジェット内の「テキスト:プロフィール」をクリック。

 

開いたメニューから、画像の下に文字を入力できます。入力が終わったら保存をクリック。トップページを見てみましょう。

 

画像付きリンクの下に、文字が追加されました。

 

おわりに

サイドバーに画像付きリンクを置くと、リンク先ページへのアクセスは増えます。記事を見ていてもトップページを見ていても表示され、読者に目に入りやすいからですね。

さらに、脳科学的に、人は左目で画面右側の情報を見るそうです。左目から入った情報は右脳で処理され、論理的な文字情報よりも、画像を見て思わずクリックする確率が高まるとのこと。

 

慣れてきたら、画像に直接文字を書き込んだリンクを置いてもいいですね!色々試してみて、しっくりくるものを探してみましょう^^

 


P.S

記事の中でわかりにくかったところ、感想、雑談など

お気軽にご連絡ください→平井に連絡してみる

アフィリエイト初心者さん向けの無料メール講座を配信しています。

読者の方からは「久々にホンモノのメルマガに会えた!」と喜びの声を頂いています。 詳しくはこちらから紹介ページをご覧ください。

人間関係が原因で脱サラ後、体調不良で転職もできないままでした。

【もう人間関係に悩まない!】をモットーにアフィリエイトを始め、今ではパソコン1台で仕事ができるようになりました。

一人でも多くの人の「脱サラ準備」をサポートしたい!その一心で配信しています。よければ登録していってくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください