ワードプレスで記事を新規投稿する手順

テーマのインストールとプラグインの導入が終わったら、いよいよ記事の投稿です。サンプル記事を削除して記事を編集、投稿してみましょう。

※プラグインの導入は必須プラグインで記事一覧を、テーマのインストールは「記事名」をご覧ください。

 

ワードプレスの記事には固定ページ投稿記事の2種類があります。

固定ページとは、投稿日付に関係なくメニューやサイドバーに据え置きする記事です。プロフィール、サイトマップ、問い合わせなどに使用します。

投稿記事とは、更新し続ける一般記事のことで、メインコンテンツとして日付順に表示されます。

 

記事の投稿画面は、投稿記事でも固定ページでも同じです。固定ページを例に、記事の投稿にチャレンジしましょう。

サンプル固定ページの削除~固定ページの編集

ダッシュボード画面の「固定ページ」にカーソルを合わせ「固定ページ一覧」をクリック。

 

サンプルページの欄にカーソルを合わせると、メニューがポコっとでてきます。メニューから「ゴミ箱へ移動」をクリック。

 

これでサンプルページの削除が終わりました。次に「新規追加」をクリック。

 

投稿画面では、編集モードをビジュアルテキストのどちらかに選びます。

ビジュアルが「見たまま編集」です。太字や赤字、文字の大きさなど、実際に読者に公開する画面をもとに編集できます。ワードなどで文章を作るときに近い編集画面です。

 

上の画面をテキストで見たものが下図です。テキストはhtmlを自分で打ち込んで文字装飾や改行をします。htmlに詳しくない方はビジュアルで編集しましょう。

ビジュアル画面の編集画面を解説します。

 

編集記号を使って文字装飾をしよう

よく使うのは、

  1. 段落
  2. 太字
  3. 引用
  4. 番号有り無しリスト
  5. リンクの挿入/編集
  6. 背景色とテキスト色

です。ちなみにこの箇条書きは番号つきリストを使っています。

では順番に画面で学びましょう。

①段落

段落」ボックスをクリックすると、下にズラっと見出しメニューがでてきます。「段落」は見出しなしで、普通に文字を打っている状態です。

 

 

見出し1はタイトルに使っているタグです。記事本文で使うと、検索エンジンが「何がタイトル?」と迷ってしまうので使わないでください。

見出し2が一番大きな見出しです。

Simplicity2では見出し3を一番大きい見出しとして使います。テーマによって見出しのサイズが変わるので、お好みで設定してください。

ただし、注意が必要なのは、階層構造にしないといけないことです。

たとえば見出し3の本文中の小見出しに、見出し2があったり、見出し5に飛んでいたりすると、検索エンジンに意味が分かりにくい文章と評価されます。読者さんも文章を読みにくいです。

見出しを作るときには、見出し2→小見出し3→小見出し4と順番を守って使いましょう。

編集中の画面がこちら。

 

②太字

重要語を太字にします。注意したいのは、なんでもかんでも太字にしないことです。検索エンジンが「何を強調したいの?^^;」と悩んでしまい、検索順位を下げられます。

 

大事な言葉、何について書いている記事かをアピールできる言葉だけを太字にして下さい。

「難しそう!」と心配しなくても大丈夫です。一文中に2つ以上は使わないようにすれば十分です。

③引用

本、他の人のブログ、その他ネット情報などを使う場合、必ず引用タグをつけて下さい。読者さんに見やすくする理由だけではありません。

一字一句違わない文章、もしくは限りなく似た文章がネット上に複数あると、どちらかがパクリコンテンツとみなされ、検索結果から外されます。引用自体は何も悪いことではありません。発信内容を補強したり、根拠を示したり、読者さんにとって大切な情報です。

引用タグで囲った文章には、図のように必ず引用元をつけましょう。

④番号あり/なしリスト

箇条書きをするときに便利です。数字や箇条点を打たなくても、自動で挿入されるので便利です。

 

⑤リンクの挿入/編集

好きな文字列の中に、他のページへのリンクを貼ることができます。試しに、文字列「ABCコーヒー店」にABCコーヒー店のブログへのリンクを貼ってみましょう。

まずはリンクを貼りたい文字列をドラッグします。

 

クリックみたいなマークをクリック。

 

飛ばしたいページのURLを入力します。入力したら、矢印マークをクリック。

 

なお、自分のブログ内の別ページに飛ばしたいときには歯車マークをクリックします。

 

リンクの挿入画面に切り替わります。

URLの部分を入力しなくても、画面下の記事一覧から記事タイトルをクリックするだけで、自動でURLが挿入されます。さらに、ドラッグした文字からリンク文字列を変えることも可能です。

 

リンク文字列の下に、「リンクを新しいタブで開く」というチェックボックスがあります。ブログ画面を残したままリンク先を表示させる場合にはチェックをいれましょう。たとえば「問い合わせ」をクリックすると別タブでリンク先が開きます。

外部サイトの参考資料をリンクするときなどには、ブログ記事と資料を両方見れると便利です。そんなときにチェックを入れてください。

ちなみに、リンクを貼られた文字列のことをアンカーテキストといいます。よくでてくる言葉ですので覚えておきましょう。

⑥背景色とテキスト色

背景色は、蛍光マーカーのことです。テキスト色は文字色です。強調と併せて、見やすいように使ってください。

 

編集画面に解説されたボタンがない!という人は、【必須プラグイン】TinyMCE Advancedで追加してください。リンク先で導入と設定手順を解説しています。

 

改行幅について

Enterキーを押して改行をすると、改行幅が自然改行のときよりも空いています。

この文章と上の文章の間ぐらい空きますね。自然改行ではなく、幅も埋めて改行したい場合は、Shiftキーを押しながら改行してください。

自然改行ではなくても
詰めて改行することができますね。

スマホの画面は、一行が約20文字で自然改行されます。スマホに向けた記事を書きたいときなどに、Shift改行を使うと、文字数が少ないうちに行間を詰めて改行出来て便利です。

画像の挿入

記事の途中、冒頭など、画像を入れると記事が読まれやすくなります。文字ばかりだと疲れますし、料理の紹介などは写真一枚で十分に情報を与えられます。

まず、画像を入れたい場所に入力カーソルを合わせ「メディアの追加をクリック。ワードプレスでは、画像のことをメディアと呼びます。

メディアライブラリが開きます。ワードプレス内にアップロードした画像が保管されている場所です。

ここに欲しい画像がない場合は「ファイルをアップロード」をクリックして画像をパソコン内からアップロードします。

 

画像を選んでアップロードすると、メディアライブラリに戻ります。追加したい画像を選択し、画面右下の「固定ページに挿入」をクリック。

 

無事に画像を挿入できました。

 

おわりに:ワードプレスの記事投稿にはすぐ慣れます

一週間もすれば、ワードプレスの操作性にはすぐに慣れます。

カーソルが動きすぎたり、行幅が広すぎたり。ワード等に比べて最初はイライラします(笑)

誰もが通るワードプレスあるあるですので気にしないで続けてください。

 

あんなことをやりたいなーと思ったら、ネットで調べてもすぐでてきます。それでも検索ワードが思いつかない、なんとも言えない操作がある!!という場合は、どうぞ遠慮なくお問い合わせ下さいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください