ワードプレステーマのインストール手順&親テーマと子テーマの違い

こんな方におすすめ

  • ワードプレスを設置したての初心者さん
  • 親テーマ・子テーマの違いを知らない
  • ブログの文字やデザインをカスタマイズしたい

 

どうも!平井です。

ワードプレスをサーバーにインストールしてやっと一息。と思ったら、あまりにブログがシンプル過ぎますよね!

 

インストールしたてのワードプレスは完全に白紙の状態。

ここにテーマというデザインファイルをインストールして、

ブログをオシャレにしたり検索順位に強くしたりできます!

 

テーマは無料のものも有料のものもたくさんありますが、

必ずチェックしてほしいのが

  • レスポンシブデザインか
  • SEO最適化済みか

 

という点です。

 

レスポンシブデザインとは、

スマホでもちゃんと表示できるデザインのコト。

 

スマホユーザーが増えていることを受けて、

表示速度やデザインの崩れがないか、

Googleが検索順位を決める基準にまでしています。

 

 

また、SEO最適化とは、

検索エンジンが読みやすいかです。

 

「なんじゃそりゃ?」

と思いますよね。

 

ひとまず、

自動的に検索順位アップに有利にしてくれる、

と覚えておいてください。

 

さて、今回は人気無料テーマ「Simplicity2」を使って、

テーマをワードプレスに設置する手順を紹介します。

 

 

ワードプレステーマをインストールする手順

テーマをインストールするためには、

  • テーマを製作サイトからダウンロード
  • ワードプレスにテーマをアップロード

の2段階があります。

 

テーマのファイルには親テーマと子テーマの2種類があります。ほとんどの場合、子テーマも別でダウンロードできるようになっていますので、必ず2つともダウンロードしてください。

 

画面に沿って順番に読み進めてください

 

テーマ「Simplicity2」を公式サイトからダウンロード

 

リンクからSimplicity2のダウンロードサイトへアクセスしてください。

トップページに内部SEO施策済みとありますね!2014年にレスポンシブ化していますので、テーマ選びの基準としてはバッチリです。

 

 

トップページを下へスクロールして「最新安定板のダウンロード」をクリック。この当時は「Simplicity2.6」ですね。

このファイルが親テーマのファイルです。子テーマも別でダウンロードします。

 

ファイル名はそのままで結構です。

保存先はわかりやすいようにデスクトップにしました。

ファイルの種類はZIPという圧縮ファイルです。

解凍をせずにそのまま保存してください。保存先の指定が終わったら「保存」をクリック。

 

 

Zipファイルのまま、デスクトップに保存されました。

 

ついでに子テーマもインストールしましょう。

トップページのダウンロードから、Simplicity2の子テーマを選択。

 

下にスクロールして、子テーマ(無印)の項目へ。

ここでSimplicity2の子テーマをダウンロードします。

 

あとは親テーマのダウンロードと同じく、

ZIPファイルのまま解凍せずに保存します。

 

では、ワードプレスにSimplicity2の親テーマと子テーマをインストールしましょう。

 

ワードプレスにSimplicity2をインストール後、有効化

ダッシュボード画面の「外観」にカーソルを合わせ「テーマ」をクリック。

 

新規追加」をクリック。

 

テーマのアップロードをクリック。

 

Zipファイルのアップロード画面になります。「ファイルを選択」をクリック。

さきほど解凍せずにそのままといったのは「ZIP形式のテーマファイルをお持ちの場合」とあるように、ZIPファイルでしかアップロードできないからです。

 

デスクトップからダウンロードした親テーマのZipファイル「Simplicity2.6.0.9」をクリックして選択。

開くをクリックしてアップロードします。

 

Simplicity2の親テーマが選択されたことを確認して「今すぐインストール」をクリック。

 

インストールが始まります。完了したら「有効化」をクリック。

 

有効化してからサイト表示しすると、一気にブログのデザインが整っていますね!

 

引き続き、子テーマも同じようにインストールし、

必ず有効化をしてください。

 

子テーマを後から有効化すると、親テーマは停止します。ワードプレスでは、親テーマはインストールだけをして、子テーマを使ってカスタマイズします。理由は次の段落で説明します。

 

以上でSimplicity2の親テーマと子テーマのインストールが終わりです。

 

ワードプレスの親テーマと子テーマの違い

「なんで二つも同じテーマを入れたの?」

と思いますよね!

 

実は親テーマというのは製作者がカスタマイズ、

子テーマはユーザーがカスタマイズするためのファイルなのです。

 

たとえば、製作者がSimplicity2に新機能を追加した場合、

配布したユーザー全員に知らせるのは効率が悪いですよね。

 

なので製作者は皆の親テーマを連動させて、

おおもとの親テーマを変更すれば

ユーザーの親テーマもアップデートするように設定しています。

 

「じゃあ、ユーザーは自分の親テーマをカスタマイズしたらいいのでは?」

という疑問があると思います。

 

それがですね、

製作者が親テーマをアップロードしたら、

ユーザーが変更した部分は全部消えます

 

考えてみれば当たり前で、

まったく異なる新製品に作り替えるわけですから、

親テーマを新品の状態でユーザーに配布するわけです。

 

なのでユーザーが好きにカスタマイズするには、

子テーマを使うわけですね!

 

「子テーマのカスタマイズ内容がユーザーが持っている親テーマに反映されるの?」

という方、鋭い!

 

ワードプレスは、

ブログを表示するときに、

まずは親テーマを読み込み、

次に子テーマを読み込みます。

 

で、親テーマと子テーマで異なった部分だけ、

あとから読み込んだ子テーマを優先して

反映してくれます。

 

だからこそ、

同じテーマを使っていても

ユーザーごとにカスタマイズされたブログが表示されるわけです!

 

「うん、よくわからん!」

という方もご安心ください。

 

ようするに、

子テーマを有効化してカスタマイズしてね!

ということだけ覚えて下されば十分です。

 

「カスタマイズって何ができるの?」

というのは、

たとえばGoogleアドセンスというクリック広告を貼ったり、

ブログトップページの見た目を変えたり、

新たに文字色を増やしたり・・・。

 

その辺はネット上にコピペだけでカスタマイズできるよう、

プログラムがたくさん公開されているので

ご覧ください。

 

さて、

これでいつでも記事を投稿できる状態になりました。

シンプル過ぎる!と思ったかたは、

Simplicity2にはスキンを追加という機能があります。

かなりオシャレになるので、

チャレンジするのもひとつですよ(^^)/

 

さっそく記事を書こう!

と思った方は、CHECK!ブログをターゲットに響かせる!!ファンを増やすコンセプト設計の手順をご覧ください。

 

では、今回は以上です!

多分、疑問点がたくさんあると思いますので、

お気軽にお問い合わせくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください