ワードプレスプラグインで内部リンクのコメント通知を止める

ブログ記事同士をリンクする内部リンクという機能があります。たとえばこの記事内で関連する別のプラグインを紹介したときに、そのプラグインを詳しく解説した記事へリンクを貼る、という機能です。

ワードプレスを初期設定のままにしていると、内部リンクした場合も「誰かにリンクを貼ってもらえたよ!」という通知がワードプレスから届きます。

このリンクを伝える通知をピンバックといいます。なかでも内部リンクに対しての通知をセルフピンバックといいます。

セルフピンバックが有効だと、内部リンクのたびに通知がきて「読者さんからコメントがきた!」とぬか喜びすることも^^;

コメントをもらえた場合と混じってまぎらわしいので、プラグイン「WP Total Hacks」を使ってセルフピンバックを止めましょう。

WP Total Hacksのインストールから有効化まで

ダッシュボード画面のプラグインにカーソルを合わせ「新規追加」をクリック。

 

右上の検索ボックスに「WP Total Hacks」と入力し、でてきたWP Total Hacksの「今すぐインストール」をクリック。

 

インストール中に変わるので少し待ちます。

 

有効化」に変わったらクリック。

 

WP Total Hacksの設定

ダッシュボード画面の「設定」にカーソルを合わせ、「WP Total Hacksをクリック。

設定画面内の「投稿&ページ」タブをクリックして画面を切り替えます。

 

セルフピンバックの停止」をクリック。

 

下にでてきたメニューの▼をクリックしてさらにメニューを表示。「有効化」をクリック。次に「変更を保存」をクリック。

 

これで設定は完了です。内部リンクに通知は届かなくなりました。

おわりに:内部リンクは戦略的に貼りましょう

内部リンクを貼るとSEO対策になるといわれます。その意味は内部リンクをたどって「検索エンジン」と「読者」が記事をたくさん見てくれることにあります。

さらに、関連した内部リンクを多く貼られた記事は、検索エンジン側に「重要記事」とみなされ、検索順位があがりやすくなります。個別内容を統合したまとめ記事に、内部リンクを集中させるテクニックです。

詳しくは内部リンクを甘く見ない!SEOにも関わる具体的戦略とは?でお話していますので、よければご参考ください^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください