ワードプレスでTwitterタイムラインとフォローボタンをサイドバーに埋め込む方法

今回はサイドバーにTwitterをサイドバーに埋め込む方法を紹介します。フォロワーに対して記事更新を発信する機会にもなりますので、積極的に取り入れて下さいね!

 

手順① Twitterタイムラインの埋め込みコードを作る

まず、Twitterの自分のアカウントトップのURLをコピーします。ログインはしてもしてなくてもオッケーです。

 

コピーしたら、埋め込みコード作成ページへ。「Enter a twitter URL」の部分にコピーしたURLを貼り付けてEnterキーを押すか、「→」をクリック。

 

タイムラインを埋め込むかボタンを埋め込むか選びます。今回はタイムラインを表示させるので左側の画像をクリック。右はフォローボタンを埋め込むときに使います。

 

新しい画面がでてくるので「set customization options」をクリック。

 

 

サイドバーに設置するサイズを決めます。僕のブログで600×300です。他の部分はそのままにして、更新(updates)をクリック。

赤線の部分にコードができあがります。「コードをコピーするcopy code」をクリックします。

 

コピー完了画面がでれば終了です。では、Twitterをワードプレスに埋め込みます。

 

手順② ワードプレスのウィジェットにコードを埋め込む

 

ダッシュボード画面から外観→ウィジェットを選択。

 

ウィジェットのなかからカスタムHTMLをクリック。Twitterをどこに設置するか選ぶメニューがでます。テーマによって場所の呼び方が違うのでご注意ください。選んだらウィジェットの追加をクリック。

 

タイトルとコードを入力する画面がでます。タイトルはTwitterを埋め込んだ部分の見出しです。「内容」にコピーしたコードを貼り付けます。貼り付けが終わったら「保存をクリック。

 

サイト表示して、サイドバーにTwitterのタイムラインが埋め込まれたかを確認します。ウィジェット画面で見たタイトルが①、「内容」に貼り付けたコードが②の部分ですね。

 

手順③ フォローボタンの埋め込みコードを作成

もう一度、埋め込みコード作成ページへ。さっきと同じく「Enter a twitter URL」にTwitterアカウントURLを貼り付けてEnterキーを押すか、「→」をクリック。

 

今回はボタンを埋め込むので右側の画像をクリック。

フォロー用のボタンですので、左側の画像をクリック。

 

 

これで終わりです。Copy Codeボタンでコードのコピーを忘れずに!では、ワードプレスのウィジェットで、さっき埋め込んだTwitterタイムラインのコードの次に追記します。

 

 

コピー完了を確認。

 

ワードプレスのウィジェットにボタンコードを追記する

ダッシュボード画面から外観→ウィジェットをクリック。

 

さっき編集した「カスタムHTML」をクリックして開きます。

 

Twitterタイムラインコードの続きに、コピーしたコードを貼り付けます。貼り付け終わったら、保存をクリック。

 

サイト表示をして確認します。無事にフォローボタンが設置されました。

もしフォロワー数を表示させたければ、ボタンコードをのfalseの部分をtrueに書き換えます。

 

書き換えるたものが下図。

 

 

サイト表示で確認すると、無事にフォロワー数が表示されました。

おわりに:Twitterタイムラインをサイドバーに設置する意味

サイドバーのプロフィールにTwitterアカウントリンクを貼っていたところ、3割ぐらいの方がクリックしてくださいました。

 

そんなにたくさんクリックされるなら、最初から見えている方が便利だと思って設置しました。プラグイン「jetpack」を使えばTwitterには記事の更新情報を自動ツイートできるので、フォロワーに新着記事をお知らせもできます。

 

DMで読者さんから感想をもらえることもあります!ぜひ交流のために設置してみてくださいね!


P.S

記事の中でわかりにくかったところ、感想、雑談など

お気軽にご連絡ください→平井に連絡してみる

アフィリエイト初心者さん向けの無料メール講座を配信しています。

読者の方からは「久々にホンモノのメルマガに会えた!」と喜びの声を頂いています。 詳しくはこちらから紹介ページをご覧ください。

人間関係が原因で脱サラ後、体調不良で転職もできないままでした。

【もう人間関係に悩まない!】をモットーにアフィリエイトを始め、今ではパソコン1台で仕事ができるようになりました。

一人でも多くの人の「脱サラ準備」をサポートしたい!その一心で配信しています。よければ登録していってくださいね!