エックスサーバーでワードプレスを手動バックアップする手順

ワードプレスはめちゃくちゃ繊細。

 

カスタマイズで一文字でもミスると、

たちまち画面を真っ白にしてくれます。

 

エックスサーバーは

自動バックアップをしてくれるので、

最悪の場合はデータを復旧できます。

 

が、データの取り出しだけで有料です。

(※約15,000円かかります)

 

さらに、有料であっても、

データの復旧は自分でしないといけません。

 

バックアップを習慣づけておくだけで、

サーバー設定画面になじめますし、

不測の事態にパニックになるのを防げます。

 

特にアフィリエイトは孤独な作業。

いらぬ心配で記事作成の時間を

削られている場合ではありません。

 

 

そこで今回は、

エックスサーバーを使った

手動バックアップ方法を図解します。

 

流れとしては、

データファイルのバックアップ

データベースのバックアップ

となります。

 

 

不測の事態にも冷静でいるためにも、

ぜひぜひ最後まで実践していってくださいね。

 

 

データファイルをバックアップする

データファイルで重要なのは、

・テーマ

・プラグイン

・アップロード(画像)

です。

 

アフィリエイトブログでよく変更を加えるからですね。

 

エックスサーバーを使う方法では、

重要な3つをまとめてバックアップできるので簡単ですよ!

 

まず、エックスサーバーのサーバーパネルへ。

(リンクから直接アクセスできます)

 

 

ID、パスワードを入力してログインしてください。

 

※【注意

エックスサーバーには

インフォパネルサーバーパネル

があり、

それぞれでIDとパスワードが異なります

 

忘れてしまった方は、

エックスサーバーからくる

メールをチェックしてください。

 

メールの件名が、

【Xserver】■重要■ サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間]

となっているものです。

 

ログイン後、

サーバーパネルのトップから

バックアップをクリック。

 

すると、サーバーに置いている

ドメイン一覧が表示されます。

ホームディレクトリを選択すると、

すべてのドメインをバックアップします。

 

すぐにダウンロードが始まるので、

バックアップ用のフォルダに保存しておきます。

 

これでデータファイルのバックアップは完了です。

 

次に、データベースのバックアップをします。

 

データベースをバックアップする

 

今度は、

データベースとして保存されている

投稿記事

・プラグインや本体の設定変更

などをバックアップします。

 

サーバーパネルトップへ戻り、

MySQL設定をクリック。

 

 

作成しているワードプレスの数だけ、

データベースが表示されます。

 

一覧表の上の、

MySQLバックアップをクリックします。

 

 

エクスポート(データを取り出す)

画面になるので、

必要なブログごとに

gz形式を選び、

エクスポート実行をクリックします。

 

「○○○○.tar.gz」形式で

データベースが

ダウンロードされます。

 

先ほどデータファイルを入れた

バックアップ用フォルダに

保存しておきましょう。

 

バックアップフォルダをUSBや外付けHDDにも保存する

パソコン自体がウィルス感染、

故障などで使えない場合、

パソコンの外に

データがあればさらに安心です。

 

他のパソコンでの復旧も可能になります。

 

これまで作業してきたことが

一瞬でムダになる恐怖から逃れるためにも、

必ずバックアップを取るようにしてくださいね!