FTPソフト「FileZilla」をエックスサーバーにつなげる手順

バックアップ復元を筆頭に必ず必要なFTPソフト。

 

今回は【図解】FTPソフトFileZillaをインストールする手順で紹介したFileZillaを使って、

 

エックスサーバーに接続する手順をご紹介します。

 

 

FileZillaを開いてサーバーを登録する

デスクトップアイコンか、自動作成されたスタートメニューからFileZillaを開きます。

(画像はスタートメニューです)

 

トップページに移ります。大きく左(ローカルサイト)と右(リモートサイト)に分かれた画面が出ます。ローカルサイトが自分のパソコン、リモートサイトが接続先です。

 

まだ接続していないため、「どのサーバーにも接続されていません」というメッセージが出ていますね。リモートサイトに、今回はエックスサーバーを接続します。

 

まず、赤矢印の指すサイトマネージャーを開くをクリック。

 

サイトマネージャーを開いたら新しいサイト(N)をクリック。

 

「新規サイト」という名前でアイコンが追加されますので、名前をわかりやすいものに変えます。僕の場合メインサイトとしていますね。名前を変更したら、赤枠部分を記入します。

 

ここで必要なのが、エックスサーバーから届いたメールです。

 

件名が

【Xserver】■重要■ サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間]

となっているものです。

 

しばらく下にスクロールすると、この画面が出てきます。

FileZillaの項目ごとに、

 

ホスト(H)=FTPホスト名(FTPサーバー名)

ログオンの種類(L)=「匿名」から「通常」に変更

ユーザー(U)=FTPユーザー名(FTPアカウント名)

パスワード(W)=FTPパスワード

となります。

 

すべて入力が済んだら、接続をクリックしてください。証明書に関する警告がでてきます。「OK」を押して進めてください。

 

無事に接続できると、先ほどのリモートサイト側に、サーバー上にあるドメイン一覧が出てきます。

 

 

このブログのドメインは

get-free-life.info

ですので、このブログのバックアップデータを復元するときなどは、このフォルダをダブルクリックします。基本的に、目的がハッキリしているとき以外はフォルダをイジらないようにしてください。

 

これでFileZillaとパソコンとが接続されました。ホスト名やパスワードは自動で入るので、これからはクリックだけで簡単に接続できます。

 

【補足】画面の見方の説明

FileZillaのトップ画面の用語を簡単に解説します。

 

 

ディレクトリ=今表示しているファイルまでの道のり

たとえば「リモートサイト」のすぐ右に、

/get-free-life.info/public.html

と表示されていますね。これがディレクトリで、「get-free-life.info」フォルダのなかの、「public.html」フォルダを表示しています、という意味です。/や¥でフォルダを区切ります。

◆ローカルサイト=自分のパソコン

◆リモートサイト=接続先

 

ここまでセッティングが出来れば、たとえばブログSSL化でのURLの変更などにも簡単に対処できます。どちらのやり方も記事で解説していますので、必要に応じてどんどん活用してください。

何か質問がありましたらお問い合わせからお気軽にどうぞ!


P.S

記事の中でわかりにくかったところ、感想、雑談など

お気軽にご連絡ください→平井に連絡してみる

アフィリエイト初心者さん向けの無料メール講座を配信しています。

詳しくはこちらから紹介ページをご覧ください。

人間関係が原因で脱サラ後、体調不良で転職もできないままでした。

【もう人間関係に悩まない!】をモットーにアフィリエイトを始め、今ではパソコン1台で仕事ができるようになりました。

一人でも多くの人の「脱サラ準備」をサポートしたい!その一心で配信しています。よければ登録していってくださいね!