脱サラ前に知りたいフリーランスの正しい意味

副業を始めたい、できれば仕事を辞めたい、もしくは勢いで辞めた。

 

いずれにせよ、

 

一人で仕事を取ると決めた時点で、

 

フリーランスという枠に入ります。

 

アフィリエイト界では、

 

フリーランスという言葉を

 

広い意味と狭い意味で使い分けます。

 

なので本当に意味がわかりにくいんです。

 

たとえば

 

アフィリエイターがフリーランスという言葉を使う場合、

 

webライター等、

 

受注した記事を書く人

 

という限定的な意味で使われることが多いです。

 

でも、一般にフリーランスといえば雇われない人全般を指すと思いませんか?

 

そこで今回は

 

・フリーランスという言葉の意味

 

・アフィリエイト界でのフリーランスの位置づけ

 

・フリーランスの危機回避

 

 

をテーマに、脱サラ情報を集めている方向けにわかりやすく解説します。

 

フリーランスのシビアな面もお伝えしますので、ぜひ脱サラ前の方に見ていただきたいです。

 

フリーランスという言葉の意味

「フリーランス」という言葉は

 

使う場面によって意味が変わる点に注意です。

 

ここで広い意味狭い意味でのフリーランスの違いが出てきます。

 

広い意味でのフリーランスとは?

雇用されないで働く人すべてを指す場合です。

 

会社員、アルバイト、契約社員など以外をざっくりフリーランスと呼びます。

 

起業家、自営業、フリーの○○(ライター等)などと同じ意味ですね。

 

アフィリエイトを専業で行う人、ブロガーなども全部、ここに含まれます。

 

一方で、

 

狭い意味でのフリーランスには、

 

雇用されていない人全部ではない、

 

これがややこしくなっている原因です。

 

狭い意味でのフリーランスは2種類あります。

 

ここだけはしっかり押さえておかないと、

 

ネットビジネスはもちろん、他のビジネスで起業する場合にも情報を正しく受け取れず、お金の面でも思わぬ損をすることになるので必ず目を通してください。

 

狭い意味でのフリーランス(税務区分の場合)

税務とか難しそう。。

 

と思った方も心配いりません。

 

税務署に個人事業主届を出したかどうか、

 

それだけです。

 

出していない方を「フリーランス」

 

出した方は「個人事業主」

 

となります。

 

ある程度以上を稼いだ場合、

 

節税のために個人事業主届を出す人がいる。

 

まずはそこだけを押さえます。

 

※個人事業主からさらに稼いだ場合、法人化(会社になる)する人がいます。

 

フリーランス→個人事業主→法人といった順を追って、稼いだ額に応じた節税対策をするイメージです。

 

【重要】狭い意味でのフリーランス(収入源の違い)

この章のフリーランスは、

 

税務上の個人事業主かどうかは関係ありません。

 

労働を収入源(フロー)するか、資産を構築(ストック)するか。

 

この違いが、

 

フリーランスかどうかの分かれ目です。

 

労働を収入源にする。

 

これはわかりやすいですね。

 

個人や企業のサイトの記事、雑誌など、

 

他人の文章を作り、

 

業務をこなした分だけ収入を得る(=フロー)場合です。

 

いわゆるライター(webライター)です。

 

こちらをフリーランスと呼びます。

 

 

逆に、

 

個人でブログ等を作成し、

 

広告収入などを得る場合を

 

アフィリエイターやブロガーと呼びます。

 

1記事作成したから○○円ではなく、

 

紹介商品が売れた、

 

広告を読者に見せた、

 

などの条件を達成して初めて収入になります。

 

ブログ等はあくまで収入を得る手段であり、

 

不労所得を生む資産(=ストック)として積み重ねます。

 

簡単な図にしてまとめるとこうです。

 

アフィリエイト界でのフリーランスの位置づけ

アフィリエイターの情報発信ででフリーランスと書いてある場合、webライターを指すことがほとんどです。

 

また、ネット上(ブログやTwitter等)でwebライターを名乗っている場合も同様で、

 

記事作成の代行等を生業にする人

 

という意味合いが強くなります。

 

また、

 

クラウドソーシングサイトでwebライターをした場合、

 

安く買いたたかれる(一文字1円未満)という現状から、

 

収入源としてオススメしないニュアンスで書かれることも多いです。

 

そうすると、読者側では

 

こんなことが起こります。

 

アフィリエイトに興味がある人が、

 

アフィリエイターのブログを読む

↓↓↓

フリーランスはダメ!稼げない!

 

という記事がある

↓↓↓

読者は

 

フリーランスとアフィリエイターが

 

ごちゃ混ぜになって、

 

アフィリエイト自体もダメ!と勘違い

 

↓↓↓

既に参入している人は落ち込み、

 

参入したい人は嫌になる

 

 

こういった状況を避けるためにも、正確な用語の知識が必要なんですね。

 

なぜか「フリーランス」という言葉は

 

読者が「理解している」こと前提で

 

使われるため、情報にふれる際には注意が必要です。

 

ややこしいですよね。

 

このあたりのややこしさを、用語解説としてまとめた記事があるので、良かったら参考にしてください。

(フリーランス、ストック、フローの段落が参考になります。目次から段落をクリックすれば好きな場所から読めます。)

ネットビジネスで見かける、わかったフリをしがちな用語集

2018.03.13

 

これがアフィリエイト界でのフリーランスの位置づけです。

 

【補足】

webライター専業は、初心者には報酬が低いですが、勉強と割り切れば旨みもあります。

雇用主の要望を聞くことで、稼げる文章に求めらる要素がわかるからです。

※雇用主によっては、丁寧に添削してくれる人もいます(単価は下がりますが^^;)

ある意味、どんな情報商材よりも新鮮で収益につながる情報を得ることができます。

他の人のブログですが、この実感をまとめたオススメ記事があります。※こちらから記事に飛べます。

 

フリーランスの危機回避

フリーランス(webライター)を生業にしたいと思っている場合、

 

高度な技術で高単価を狙う

 

低単価で書きまくる

 

どちらかを選択することになります。

 

僕も他のブログの記事作成を外注していますが、

 

2000字で300円という、

 

むちゃくちゃ安い単価でも応募があります。

 

その分書く内容も簡単なものですが、

 

やっぱり途中でバックれる人もいます。

 

やると聞くでは大違い、

 

楽そうに見えてしんどかった。

 

実際、僕もサラリーマン時代には、一人で黙々とパソコンに向かう仕事を

 

羨ましい

 

と思っていましたので、気持ちはわかります。

(バックレは良くないですが)

 

ただ、何より怖いのは、ようやく生業にできるレベルまで(月収20万円以上)持ち込んだとしても、常に自分が書き続けなければ収入が発生しない部分です。

 

風邪をひいた、

 

けがをした。

 

些細な出来事が即致命傷です。

 

やはり、

 

ある程度の文章力がついたら、

 

どんな分野であれブログを書いて記事(=資産)を積み重ねることが、

 

フリーランスとして生きる危機回避ではないでしょうか。

 

ブログを名刺代わりに、ブログ経由でライター案件を受注するケースも多く、アフィリエイトリンクや広告を貼らなくてもブログ運営は有効です。

 

フリーランスのすべてが悪い、ということではなく、

 

何か一つに収入源を依存する

 

ことが危険なのです。

 

フリーランスという言葉だけでも多種多様。

 

脱サラ前には、ぜひ言葉の意味も含めた大量の情報収集をオススメします。

 

※収集の際はぜひ当ブログで(笑)カテゴリーごとに分類したコンテンツ一覧はこちら

まとめ:正しく知りたいフリーランスについて

何気なく使っていたフリーランスという言葉。

 

アフィリエイト以前の一般的な使用場面でも

 

微妙に意味合いが変わります。

 

まとめると、

 

◆フリーランスは「雇われていない」人全般を指す(広い意味)

↓↓↓

◆税務区分上はフリーランスと個人事業主に分かれる(狭い意味)

 

◆アフィリエイト業界では労働収入を得る

ライターをフリーランスと呼ぶことが多い

 

◆フリーランスをする以上、危機回避対策は必須

 

という内容でした。

 

今回は語句説明ということで抽象的な内容でしたので、

 

次回は具体的な節税対策(個人事業主との違い)、

 

フリーランスを保護する精度(2017年発足)

 

について等、

 

具体的に踏み込んでお話します。


P.S

記事の中でわかりにくかったところ、感想、雑談など

お気軽にご連絡ください→平井に連絡してみる

アフィリエイト初心者さん向けの無料メール講座を配信しています。

詳しくはこちらから紹介ページをご覧ください。

人間関係が原因で脱サラ後、体調不良で転職もできないままでした。

【もう人間関係に悩まない!】をモットーにアフィリエイトを始め、今ではパソコン1台で仕事ができるようになりました。

一人でも多くの人の「脱サラ準備」をサポートしたい!その一心で配信しています。よければ登録していってくださいね!