ノウハウコレクター歴がムダではなかったと思えるまで

ノウハウコレクターという言葉を、ネットビジネスをするまでは聞いたことがありませんでした。

 

意味は、教材を買いまくる人のこと。

 

勉強熱心で結構!

 

かと思うとそうではなく、

 

ひとつの教材内容を実践し、

 

壁にぶつかると他の教材が楽そうに見えて買う。

 

という繰り返しをしてしまう人を指します。

 

厄介なのは、

 

壁にぶつかるとネットで悩み検索をする

悩み検索ワードをアフィリエイターが予測

検索経由で販売ページに誘導される

教材を買わされる

最初に戻る

 

のループが続くことです。

 

教材を買うことで「救い」を得られるため、

 

金を払えば苦しみから解放されるという

 

催眠状態にかかり、

 

100万円規模で散財する人もいるそう。

 

他人事みたいに言っていますが、

 

僕も最初の3ヶ月で50万円ほどぶっこみました。

 

しかし、あまり後悔はありません。

 

そこで今回は、

 

ノウハウを最後まで終わらせた結果、

 

ノウハウコレクター歴もムダではない

 

をテーマに、

・ノウハウコレクター歴

・集めたノウハウの再挑戦

・自己投資の意味

・ごみ商材を買わないためのチェックポイント

についてお話します。

 

焦って成果を出したい人ほど一度は経験する辛さ。

 

僕の実体験を武器に、あなたがムダな投資をされないことを願った記事です。

 

 

ノウハウコレクト中が一番辛い

継続できずに挫折、他のノウハウに手を出すのは悪。

 

継続できなかったことを責める情報が多いですよね。

 

ただ、自分に向いてないならさっさと次にいくのもビジネスには必要です。

 

ダメなのは、何が嫌で続かなかったのかを見極めないこと。

 

ここを分析して、足りないものを補う人が勉強熱心

 

自分を分析数ことなく、救いを求めるのが、ノウハウコレクターと言えます。

 

僕は最初に「unlimited neo」という情報商材を買いました。

 

アフィリエイトの意味すら知らない状態で、

 

「アフィリエイト 教材」

 

で検索し、一番上に出てきたものを買っただけです。

 

教材について、

 

もっといえばアフィリエイトについて、

 

まったく考えもせずに稼ぎたいから買う。

 

これは完全なノウハウコレクターですね(笑)

 

結局、

 

作業量の多さに耐えきれず、

 

救いを求めて他の教材を買いました。

 

もっと楽になりそうなものはないか、

 

独学はしんどいからコンサルを頼もう、、

 

などなど。

 

記事作成がしんどくなって、外注化の教材も買いましたね(「脱獄」という教材でした)。

 

結局、他の教材に苦しみから救ってもらおうとしてばかり。

 

心のどこかで、ネットビジネスは楽して稼げるはずだ!

 

いや、楽して稼げるべきだ!!

 

と、勝手な妄想を繰り広げているんですね。

 

さらに、「なぜ」自分に新しい知識が必要かを考えない。

 

何が足りないのかを考えないで買う以上、ノウハウコレクターと言わざるを得ません。

 

これだけボロカスでも、

 

なぜノウハウコレクター歴がムダじゃないか、

 

それは、初めてノウハウ内容を完成させた後に気がついたんです。

 

レベルアップした後に再挑戦できる

どのノウハウにも必ず共通する部分があります。

 

SEO、コピーライティング、マインドセットなどですね。

 

手法によって力を入れる部分は違えど

 

目的は同じです。

 

SEOならアクセスアップ、

 

コピーライティングは成約率アップ、

 

マインドセットは継続するための心構え。

 

同じことを違う切り口から言っているだけです。

 

ですので、一つの手法を完成まで実践すると、

 

他のノウハウを読み解く力が自然と備わってきます。

 

重要なのは、30点のデキでも良い!と割り切ること。

 

収益が出るかどうかよりも、

 

まずはサイトを完成させます。

 

お勧めは40記事程度のミニサイトです。

 

40記事を作成する過程で、

 

ネタ切れ、

 

初めてのアクセス、

 

導線づくりなど、

 

教材に載っている内容が頭に落とし込まれる瞬間がたくさんあります。

 

なのでまずは、

 

ノウハウ内容でも無理なくできそうな部分だけ実践します。

 

30点を実践できれば、

 

次は50点を目指す下地ができるからです。

 

そうするうちに、どのノウハウを読んでも、

 

簡単に読み解ける部分が増えます。

 

こうなったらノウハウコレクターは最強です。

 

今までにコレクトした教材で、たくさんの切り口を学べます。

 

しかも一度は必死に読んでいる分、他の人よりも理解は早く。

 

挫折したり、他の教材に手を出したことに落ち込まくて大丈夫です。

 

苦しんで購入した経験は、

 

一気に自分を押し上げる力を持っています。

 

自己投資は必ず必要

ノウハウコレクターという言葉が独り歩きをしていて、

 

教材にお金を出すことが「悪」。

 

こんな風潮まで出ています。

 

ノウハウコレクターという状態になるのが怖いので、収益が出てから教材を買う、という考え方ですね。

 

しかしそれでは順番が逆です。

 

インターネットではない、一般の店舗などの起業では、先に店舗に投資をし、収益で回収していくのが普通ですよね。

 

ネットビジネスでも同じです。

 

先に知識に投資してお客さんを集め、収益を出しながら投資を回収する。

 

いつまでも断片的なネット情報を集めていては、情報弱者をカモにする詐欺師に捕まっておしまいです。時間をかけた挙句に、お金もムダにしてしまいます。

 

副業であれ「起業」する以上、最低限の自己投資は必要。

 

アフィリエイトは、サーバーやドメイン、教材代金を含めても最大10万円あればすべて揃うところにあります。

 

ツールにこだわらなければ、5万円でも十分に起業できます。

 

さらに、どんなに初心者でも、一日10人程度のお客さんを招くのに、一ヵ月もかからず、、

 

同じ副業でも、株式投資・FX、不動産と比べても、かなりの少額で設備が整うことがお分かりいただけるはずです。

 

 

じゃあどんなノウハウに自己投資すべき?

 

という疑問がわくかと思います。

 

そこで次の段落で、

 

信頼できる販売者の基準をお話します。

 

買わされないためのチェックポイント

アフィリエイトの教材を買う場合、

 

紹介されているブログからの購入がほとんどだと思います。

 

そこで、ブログを見て、その発信者が信頼できるかを見極めるポイントがあります。

 

・セールスページ

・普段の投稿記事

・プロフィール

 

の順で見ていきましょう。

 

セールスページ「成果報告」が過剰

セールスのページの最初で、

 

札束や口座のスクリーンショットがデカデカと貼られている場合、要注意です。

 

典型的なコピーライティングテクニックで、最初に消費者を興奮させて警戒心を麻痺させるからです。

 

なお、セールス以外の投稿記事で成果報告をしている場合、成果に対する考察のあるなしをチェックしてください。

 

たとえば、

 

「Googleのアルゴリズム変動で7月は収益が急落。しかしページリライトと内部リンクを変えた9月で持ち直した。」

 

などの深い考察があれば信用できるでしょう。

 

読者に同じ失敗をさせない、もしくは同じ成功体験を共有しようとしているからです。

 

普段の投稿記事の切り口

同じアフィリエイトノウハウでも、

 

・スーパーで見かけた試食コーナーの話を切り口に、「返報性の心理」「ベネフィット提示」を解説

 

・心理学として「返報性の心理」、コピーライティングのテクニックとして「ベネフィット提示」を解説。

 

では書き手の心理がまったく違います。

 

読者の興味を惹こう、

 

自分だけの文章を書こう、

 

日常生活すべてを記事ネタしよう、

 

と、ブログの質をあげることに貪欲なのは前者です。

 

読者を主役にしている発信者は、独特の切り口を考えた記事がたくさあります。

 

ASP登録方法やサーバー取得手順など、事務的な手続きの記事以外をよくチェックして、発信者が読者目線に立てる人かをチェックしてくださいね!

 

プロフィールをチェック

プロフィールがそもそもない販売者からは買ってはいけません。

 

ライターに作ってもらったセールスページである可能性が高いです。

 

ご自身がライターにセールスを頼むことを想像してみてください。

 

どんな商品でも売る自信があるライターに頼むなら、教材の中身うんぬんよりもアフィリエイト報酬が高額なものを売ると思います。

 

商売のセンスとして否定する気はありません。

 

ただ、知識のない初心者が広告だけを見て購入するには、プロフィールのない発信者はあまりに危険です。

 

人生経験と発信内容をマッチングさせた、その人にしか書けないプロフィールかどうかをチェックしましょう。

 

 まとめ

真面目な努力家な人ほど、成果が出ないことに不安を感じます。

 

不安なときに心理学を駆使したセールスを見れば、ノウハウコレクターとなるのも無理はありません。

 

だからこそ、発信者を見極める目をもって、正しい「自己投資」に変える必要があります。

 

既に購入したノウハウは、実力がついてきた後で意外な「芽」を出します。

 

今回の記事も、苦い苦い経験を基に書いているので(笑)他のノウハウ記事も、様々なノウハウを組み合わせて独自性を出しているんです。

 

なので過去に購入した事実に悩むよりも、今はまず、30点のデキで良いのでノウハウの一つを仕上げましょう。

 

確実に、集めてしまったノウハウが実力を底上げしてくれる日がやってきますよ!