【体験談】クソプライドに邪魔されながら起業した話

公務員から起業。

 

起業した瞬間に安定収入は途絶え、壁にぶつかるたびに、

 

「公務員時代は仕事がデキたほうやし」

 

と一円にもならないプライドを死守していました(笑)

 

そんなクソみたいなプライドで、謙虚な気持ちで学べなかったこともしばしば。

 

理屈では「起業家一年生!」とわかっているはずなのに、

 

世間体に反することをしている自分をバカにする自分がいたりして。。

 

やはり、給料が自動的に振り込まれる感覚からは、すぐには抜け出せませんでした。

 

特に最初の3ヶ月は、

 

作業量と収入がまったく比例しないことにプライドが保てません。

 

自分が無価値と言われている気がするんです。

 

3年は十分に暮らしていける貯金をもって、わくわくしながら起業したはず。

 

なんで劣等感だらけになって腐ったのか、どうやって立ち直っていったか。

 

退職から起業家になるまでの

 

心の動きを体験談でお話します。

 

アフィリエイトは退職前から興味があった

在職中は、いつも起業について考えていました。

 

井口晃さんの『身のたけ起業』

 

という本を何度も読んだり、

 

株に挑戦してセミリタイアを夢見たり。

 

本は、読んでいる間だけ夢を見させてくれるのですが、読み終わって3日も経てば元通り。

 

株やFXは10万~100万円の投資額でビビってしまうので心臓に悪い。

 

どうしたもんか・・・。

 

と思っているときに、

 

不労所得にできるビジネスとしてアフィリエイトを知りました。

 

広告を作ってモノを売る、

 

シンプルでわかりやすい。

 

また、

 

コツコツと一人で積み重ねるビジネスなのが、

 

自分にピッタリだと喜びます。

 

アフィリエイトで不労所得(資産)を作って、

 

その後は自分がやりたい仕事(NPO設立やカウンセラー)を

 

実現させようと思い、そのまま公務員を辞めて参入。

 

今思えば、安定志向の自分にしては「考えなし」というか、大胆な決断です。

 

それぐらい、組織にいる閉塞感に追い込まれたいたのでしょう。

 

起業は恥ずかしいこと?

公務員を辞めるとなると、周りからの反対は激しいものです。

 

できればコッソリ退職したかったのですが、

 

保険や年金の手続きで同僚にバレました(笑)

 

本当に、こういうところが地元市役所に勤めるリスクですね。

 

個人情報がダダ漏れ。

 

年金課経由で次の就職先が決まっていないことが同期全員に伝わります。

 

退職届を出した後でしたが、

 

同期からの呼び出し、電話、好奇心?のインタビューに答えながら、起業家の日々に突入。

 

アフィリエイトで資産を得たあと、やりたいことに参入・・・

 

とこの時点で正直に言えばいいのに。

 

ネットビジネスという時点で怪しまれたりバカにされたりしそう、

 

というプライドが邪魔をして、

 

結局うやむやにしてしまいます。

 

人に何を言われても、

 

やってみたいことをやればいいのに。

 

第一、誰も僕のことなんて気にしていませんからね(笑)

 

ちょっと噂の種になったら、芽も出ずに忘れられます。

 

一番厄介なのは、他人がどうこうよりも、

 

自分自身もネットビジネスを怪しいと思っていること。

 

参入しておいて無責任なものです。

 

安定職の公務員になっておいて、

 

32歳で起業するなんて、

 

世間の多数派に属していないことが怖くてたまらなかったんです。

 

でも、やっぱりわくわくもする。

 

矛盾だらけの不安定な時期でした。

 

当時、現金預金は800万円。

 

これが尽きるまで好き勝手して、

 

それでも無理なら就職だ!

 

と決意して大海原へ旅経ちます。

 

起業家の飲み会で勇気をもらう

一人でやりたいことができる!

 

人間関係に縛られなくてすむ!

 

と喜んで起業したわりには、

 

準備期間の孤独感から仲間がほしくなってしまいます(笑)

 

本当にワガママなやつです。

 

公務員を辞めた、

 

この選択を、

 

「もったいない」ではなく

 

「おもしろい」と思ってくれる人と会いたいなーと思い、

 

起業家の飲み会に参加します。

 

残念ながら、ガッツリ「もったいない」と言われました(笑)

 

一人だけ、

 

「わかるわかるー、自分も最初は無職まるだしでやってたよー」

 

と同い年の人が共感してくれたのが救い。

 

後々知ったのですが、

 

ライターの世界では超敏腕で有名人でした。

 

ガムシャラに記事を書きまくる姿勢をほめてもらい、やる気がギュンギュン湧きました(笑)

 

 

単純なもんですね。

 

その後、記事を量産して、

 

収益化がどんどん進むことになります。

 

まさに、

 

捨てる神あれば拾う神あり。

 

マインドセットなんて言葉が起業家の間では使われますが、本当に「気のもちよう」でどうにでもなると思える一コマでした。

 

小さい成果が雪だるま式に膨らみ始める

ひとたび商品が売れ始めると、

 

作業に自信が出ます。

 

作業に自信がでると、

 

外注化したり違うジャンルのサイトを作ったり、

 

活動の幅が広がってきます。

 

そうするとようやく、収益や活動に安定感が出始めるんですね。

 

起業当初はビビっていましたが、

 

案外飛び込んでみたら、

 

雪だるま式に物事がうまく回りだします。

 

それでも、最初の半年程は忍耐あるのみでした。

 

ネット上でアフィリエイト情報を見ていると、

 

一ヵ月~三カ月で月収30万~100万。

 

こんな情報が多いですね。

 

その人の文章力、理解度、

 

作業時間、環境、

 

様々な「経営資源」に左右されるのに、

 

なんで勝手に期間や収入を人に勧めることができるの?といつも疑問に思います。

 

今の自分なら、発表している人のコンテンツを見れば、

 

「煽って何かを買わせようとしている」のか「本当に再現性の高い商品を勧めているのか」はわかります。

 

でも、最初は心をグラグラ動かされてしまうんですよね。

 

特に慣れない「起業」という環境のなか、焦りや不安、期待や自信で興奮している状態だと、なおさら煽りには注意しないといけません。

 

○○ヶ月で○○万円!という極端な成果ではなく、

 

最初は数千円だった成果が、

 

「アクセス数の急増」で数万円になり、

 

さらに記事を増やすとまたアクセスが増えて、、、

 

と、ごく小さい成果から始めると考えておいた方が、良いと思います。

 

慣れてくると、過去の記事を書き換えたり、

 

文末表現を変えただけで記事が読まれたり、

 

組織では絶対できなかった「自分のアイデア即採用!」という実験の日々を楽しめるようになります。(これこそが起業の醍醐味!)

 

補足:アクセス数の急増って?

「アクセス数の急増」という言葉を出しました。これは、僕のブログが優秀だったという話ではありません。

ドメインエイジ(またはエイジングフィルター)といって、年齢の若いブログは、検索結果に表示されづらい決まりがあります。

そのため、半年程度経ったブログから順に、アクセスがグンと伸び始めるんですね。

一度でも成約を経験するまでは辞めないことが大事!

たった一つでも商品が売れるまでは、

 

思うようにいかない自分にイライラすることが多いです。

 

さらにブログを書くことって、外からは簡単で楽そうに見えて、実は「重労働」。

 

肩はこるわ腰は痛いわ、

 

頭をフル活動させるので、

 

記事を一本書いた後はしばらく何も考えられません(笑)

 

それだけ疲れ果ててアクセスがゼロ!なんてときには心がバキバキに折られます。

 

でも、ここで絶対に辞めないでください。

 

一度でも成果が出るまで書き続けると、他のブログを立ち上げた時にはイライラすることはありません。

 

努力と成果にタイムラグがあることを、アタマではなく実体験としてわかっているからです。

 

早く仕事を辞めたいのに!

 

仕事終わりでこんなに頑張っているのに!

 

とイライラする気持ちはよーっくわかります。

 

そのイライラ、僕で良ければお聞かせください。

 

ブログの面白さはコミュニケーションだと思うので、

 

雑談でも感想でも、愚痴でも、お問い合わせからどうぞ。

 

とりとめのない話も歓迎です。

 

民間企業、公務員、フリーター、ニート。

 

全部経験済みなので、生きづらさに共感する力だけは誰にも負けません(笑)

 

まとめ:起業に慣れるまでの心の動き

起業への不安の正体は、

 

◆世間の波と逆行する

 

◆成果が出るまでの収入が不安定

 

◆繋ぎでバイト、貯金で生活することが恥ずかしい

 

このあたりではないでしょうか。

 

いざ、起業に慣れてしまうと、

 

さっさとこんなプライド捨てれば良かった

 

と思います。

 

やった分だけ成果がでることを望むならフリーランスでいくらでも経験を積めますし、PDCAを回し続ければ、収益が出ないことはあり得ません。

 

(いまはクラウドソーシングサイトでいくらでも仕事はあり、起業もアフィリエイトのように資本ゼロからでも始められます)

 

やっぱり、僕に最終的にストップをかけるのはプライドでした。

 

今も捨てきれてはいないですが、公務員だった頃よりは100倍「生きやすい」です。

 

実験を繰り返して毎日わくわくしながらブログをイジり倒しているので(笑)

 

コイツは起業に向けて何を勉強したんだ?

 

と気になってもらえましたら、コンテンツ一覧でこれまで学んだノウハウを公開していますので、ぜひ読んでいってくださいね。

 

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました。