【図解】カエレバ導入で報酬のとりこぼしを防ごう

記事更新中に、お役立ちテーマに関連するお役立ちアイテムを紹介したいときがあります。

 

僕の場合だと、(ブログテーマに関係なく)ビジネス全般に役立つ本とか、カフェでするとき用の耳栓とか。

 

記事内から商品への愛情が伝わってくると、読者側はかなり気になるんですよね。セールス文章のように形式ばっていないのでなおさら。

 

そんなときにAmazonや楽天アフィリエイトで紹介すると、商品が気になった読者はすぐにチェックができて便利です。安い商品ならそのまま買いたくもなりますしね。

 

そこで便利なツールが「カエレバ」なんです。

 

たとえば僕のオススメの耳栓を紹介するときはこんな風に表示されます。

 

Amazon、楽天、yahooショッピングが同時にチェックできますね。

 

様々なショップが「一つの紹介リンク」で表示できるため、読者は自分の好きなところで買い物ができます。

 

すると、決まったショップしか使わないユーザーの購入を抱き込むこともできるわけです。特に最近はポイント獲得のためにショップを決めているユーザーが増えています。

 

今回は、そんなアフィリエイターの強い味方「カエレバ」の導入方法を図解で説明します。

 

報酬のとりこぼし防止はもちろんですが、読者の利便性をかなり高めるものですので、ぜひ導入してくださいね。

 

カエレバ公式サイトでアフィリエイトIDを入力

カエレバの公式サイトで「サイト名」とアフィリエイト提携する「ショップのID」を入力します。

 

 

サイト名」は正式名ではなくて結構です。自分でどのサイトに設置したか区別ができるものにしてください。

 

「ショップID」に関しては各「調べ方」でわかります。

 

提携ショップは「Amazon」「楽天」「yahooショッピング」がオススメです。

 

Amazonと楽天が主流でしたが、楽天とyahooショッピングがポイント獲得・還元を競い始めたため、yahooショッピングユーザーが激増しています。

 

読者の利便性を考えて、yahooシッピングとも提携しておきましょう。

 

※提携にはもしもアフィリエイト経由が便利です。

・振込手数料が「もしもアフィリエイト」負担

・Amazon等の本家と直接提携するのと報酬額が変わらない

・楽天は会員登録のみで即時提携でき、申請の手間が省ける

・報酬額が1000円を超えた時点で現金支払いされる

(※Amazonは5000円以上、楽天はポイント払いで3000ポイント以上報酬がないと振り込まれない)

 

本家との直接提携のデメリットを全て解消するので、もしもアフィリエイトを経由しない理由がありません。

 

ちなみにバリューコマースでも提携可能ですが、本家より報酬率が下がってしまうので、「もしも」一択が良いでしょう。

 

全て入力し終えてたら、下へスクロールして「保存」ボタンをクリックします。

 

 

以上で登録事項は完了です。

 

次に、ブログに貼り付ける広告リンクについて解説します。

 

ブログに貼る画像付きリンクを作る

商品キーワードを入力します。

 

 

商品を正確に表示させるためにも、商品名は省略等をせずに入力してください。

 

ここに入力した内容が、すべてのショップでの検索ワードになります。

 

ショップ選択欄はAmazonのままで結構です。

 

検索ボタンを押すと自動で商品情報が入ります。各項目について解説します。

デザイン

 

左から順に、広告全体のデザイン、ショップボタン左のマーク、掲載サイトの3つです。

 

広告全体デザインは、たとえばショップリンクをボタン化したり、枠線を変える等のカスタマイズができるように、「amazlet風-2(cssカスタマイズ用)にしておけば確実です。

 

カスタマイズ方法はネットにたくさんありますし、そのほとんどがコピペで対応できるものなので、チャレンジは簡単にできます。

 

真ん中はショップリスト横のマークです(下図)。

 

一番右は広告の掲載予定サイトの名称です。登録の最初につけた「サイト名」が記載されます。複数サイトにカエレバを導入する場合、ここからサイトを選択してください。

 

商品キーワード

 

 

左側のボックスに、トップで検索したキーワードが自動で挿入されます。

 

繰り返しなりますが、ここに入力された内容で各ショップの商品を検索するため、正確に入力してください。別商品にリンクされてしまってはサイトの信用にかかわります。

 

右側は「Amazonでチェック」という部分の言い方を変更できます。「見る」「買う」などのから選んで表示可能です。

 

タイトル変更

商品画像を大きくしたい場合に使います。

 

タイトルは自動で入力されるもので結構です。

 

特にイジる項目ではありません。

 

rel=nofollowにしておく

アフィリエイトリンクは基本的に「nofollow」です。

 

ほとんどのアフィリエイトリンクは標準で「nofollow」ですので、それに従って「nofollow」にしておけば間違いありません。

 

※「nofollow」とは、リンク先にリンク元のサイト評価を渡さない設定のことをいいます。ASPの規約によってはnofollowを禁止ている場合があるので注意してください。

 

ショップリスト(Amazon・楽天・yahooショッピング)

 

購入先として表示するショップにチェックを入れます。

 

 

カエレバブックマーレットについて

カエレバの設定はこれで終了です。

 

あとはリンクをコピペすれば簡単に商品リンクが表示されます。

 

さらにページをスクロールすると、「カエレバブックマーレット」という項目が出てきます。

 

商品選択画面をブックマークできますので、お使いのブラウザにセットしておくと便利です。

 

姉妹品の「ヨメレバ」「ポチレバ」「トマレバ」もオススメ

カエレバが扱える商品、ショップ範囲は広い分、専門性はありません。

 

そこで便利なのが、「ヨメレバ」「ポチレバ」「トマレバ」です。

 

ヨメレバは書籍、雑誌類に特化し、たとえばkindleをショップリストに表示させることができます。

 

ポチレバは、iTunesで配布・販売されているアプリやコンテンツを紹介。

 

トマレバは宿泊サイトを複数表示させて紹介できます(楽天トラベル、じゃらん、JTB)。

 

いずれも特化した形で紹介できるので、ブログテーマによって使い分ければ、さらに報酬のとりこぼしを防ぐことがきますね。

 

全て無料で使用でき、読者にも書き手にも嬉しい最強ツールです。成約率が高く、初心者でも実績にしやすいので、ぜひ導入してくださいね。

 

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました。