初心者のうちから記事作成を外注しないと損する理由

僕はアフィリエイトを始めて一ヵ月以内には外注化を始めていました。

 

記事作成に慣れるために始めた趣味ブログを自動収益化するためです。書評サイトでしたので記事作成のノウハウも教えやすいこともあります。

 

当時は参入したてなのでライティング初心者でした。それでも外注さんにとっては雇い主ですので、気を引き締めてマニュアルを作り、募集文も研究して採用までこぎつけました。

 

そこで学んだのが、外注化を経験することは記事作成の自動化以上の価値が山ほどあるということ。

 

Twitterやブログ上で、外注化の苦労や仲介サイトの使用方法は書いてあっても、外注で得られるメリットを「記事作成の自動化」以外にあまり見かけません。

 

そこで今回は、初心者のうちから外注した経験に学んだことをお話します。

 

1記事300円でも2,3000字規模の良質な記事をもらったうえに、感謝までされる。すべて実体験に基づいたここでしか読めない内容ですので、ぜひ最後までお付き合い下さいね。

 

記事作成の外注化に向いている分野

初心者のうちから集客対策などの記事を外注化すると、自分で添削する力がまだ弱いためにライターと共倒れになってしまいます。

 

それに最初は自分の経験値を上げることを目的に、できるだけ安価で文字量の多い分野で参入すべきです。

 

そこで初めて外注をする場合には、雑記ブログ趣味ブログの記事作成を依頼することをお勧めします。

 

ライターさんもあまりに難しいことを依頼すると、途中で投げ出して音信不通になることもあるので。

 

最初のうちに外注さんに要求するポイントとしては、

・一次情報の多いものを作ってもらう

・機能的価値よりも感情的価値を重視してもらう

の2点が良いでしょう。

 

当時の僕がメンターからいつも注意を受けていた、記事作成の初心者にありがちな問題点だからです。

 

では2つのポイントについて順番にお話しますね。

 

一次情報が多い記事とは?

一次情報というのは、発信している人が最初の発信元である情報です。その人の体験談、経験談などの他から得た情報ではないものをいいます。

 

一次情報を出すことで、記事がその人にしか発信できない内容になります。この時点で他の人と差別化ができて情報の価値が上がるんです。

 

さらに一次情報を自分自身だけに頼っていると、どうしても視野が狭くなり、情報の取りこぼしが生じます。同じ情報を発信するにしても、できるだけ多くの切り口で語られている方が情報価値は高まります。

 

たとえば健康食品ひとつとってみても、成分と効能だけが書いてある記事よりも、実際に触った手触り、におい、味、歯ごたえ、喉ごし、一か月後の使用効果など・・・その人にしか体験しえない情報が一番参考になりますよね。

 

実は例として紹介した、

・多くの切り口で語れる

・読者が実体験を感じられる

 

という点は、Googleの記事評価基準にも掲載されている項目なのです。

 

実体験を募集することで記事の質を上げるためにも、外注化が有効であることがわかります。

 

機能的価値と感情的価値について

アフィリエイト記事では商品情報について語る場面が多くなります。

 

なかでも、商品そのものの情報(成分、産地、搭載機能など)を機能的価値といいます。誰が書いても同じ商品情報の部分ですね。

 

一方でその商品に触れた感想(使い心地、梱包、におい、体感した効果など)を感情的価値といいます。読者が知りたい情報は、一次情報である感情的価値にあるんですね。

 

読書感想文での例ではあらすじが機能的価値、感想が感情的価値になります。その本を読みたい!買いたい!と思ってもらうためには、あらすじ紹介ではなく、その人しか書けない感情的価値が重要になります。

 

あらすじだけだったらその人のブログを読む意味がないですもんね。

 

文章としては機能的価値の方が書きやすいため、記事内に感情的価値が少なくなりがちです。そこを意識して人の文章を添削するだけでも、自分が文章を書く時の意識改善につながるんですね。

 

募集を掲載することがコピーライティングに通じる

クラウドワークスという外注仲介サイトでライターを募集したのですが、最初はまったく応募がきませんでした。

 

最初に書いた募集文はこんな感じです。

読書感想文を募集しています。記事数は10記事。2000文字程度でお願いします。

1記事300円。作家さんは問いません。

週に1~2記事ペースで納品していただきます。遅れる場合等は相談に応じます。

丁寧なマニュアルと、私が直接書き方もお教えしますので、初心者の方も歓迎です。

 

端的に条件だけを提示した非常に素っ気ないものでした。まったく応募がきません。

 

「なんで自分には応募がないのかな」と思って他の募集文を見て、戦略的に書かれていて驚きました。

 

特に印象に残っているのがダイエット記事作成募集文です。

【1㎏でも痩せた経験がある人募集!!】←ライターの参入ハードルを下げてクリック率上昇

ダイエットについて、ウォーキングや食事で成功した体験談を募集しています!

テーマはこちらから指定もできますので、その場合はネットで調べながら記事にしてもらいます。←記事ネタがない場合の不安を先回りして解決

私の添削で確実にコピーライティングスキルが身につくので、今後高単価の仕事をしたいかたにもオススメの案件ですよ!←自分から受注することのメリットを提示

(実際にはもっと長い文章で、多くの切り口から仕事を受けるメリットが提示されていました)

この募集分を見て、わずかながらでもコピーライティングの勉強をしていた僕は、まったくそれを生かしていないことに気づきました。

 

募集分を作ることは、記事タイトルをクリックされて最後まで読んでもらう作業と同じなのです。

 

自分が狙った通りのライターさんが応募してくることがアフィリエイトでいう成約。それを目指して募集分を真剣に練り始めたのです。

 

僕から受注することのメリットを書き、不安に思うことを先回りして取り除いて・・・とコピーライティングを駆使した結果、今は狙い通りの文章を量産してくれるありがたいライターさんを雇うことができ、非常に助かっています。

 

人を雇うことは、募集から既に情報発信の勉強になる良い例です。

 

マニュアルの作成と記事添削で学習効果アップ

ライターさんを雇うときに、どういう記事にしてほしいかというマニュアルを作っています。

 

・感想文はあらすじは極力控えて主観たっぷりに

・自分はこういう経験をしたからこのシーンに感動する

・こういう人におすすめしたい本というフレーズをつける

 

など、自分が盛り込みたいポイントをマニュアル化して渡します。

 

採用前に1つ記事を書いてもらって合否を判断するのですが、そのときにマニュアルに近づけて書こうとしているかをポイントにしているんですね。

 

記事作成の勉強のした知識をマニュアルに取り込み、納品された記事を添削することで、初心者が陥りやすいポイントを客観的に見ることができます。

 

自分で書いた記事の問題点は、自分では見えにくいものです。なので納品記事の添削は非常に良い訓練になります。

 

「記事作成の勉強をしたら、記事を書きまくる!」これが一般に言われる文章力アップの方法ですが、人の記事を添削することも、非常に勉強になります。

 

人に教えるためには、自分が理解できている必要があるからです。

 

自分の記事作成作業と並行して行うことで、勉強した文章術への理解が爆発的に深まるのでオススメです。

 

外注化することで文章力アップ!!のまとめ

今回の記事では外注化することで得られるメリットについてお話をしました。

 

特に記事作成力が上がることから、初心者のうちから外注にチャレンジすると良いという内容でしたね。

 

まとめると、

◆初心者のうちの記事作成の外注は「雑記」や「趣味」分野のブログですべき

◆ライターさんから得られる一次情報(体験談など)を得る機会にする

◆募集文章にはコピーライティングの勉強成果を発揮する

◆マニュアル作成と添削を通じて、勉強内容をレベルアップできる

という内容でした。

外注前には、記事作成の勉強を少しでもしておくことをオススメします。コピーライティングに関しては、僕が推奨している本をレビューしているのでぜひご覧くださいね。

『現代広告の心理技術101』を10回以上読み込んだ感想

2018.02.08

 

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました。


P.S

記事の中でわかりにくかったところ、感想、雑談など

お気軽にご連絡ください→平井に連絡してみる

アフィリエイト初心者さん向けの無料メール講座を配信しています。

詳しくはこちらから紹介ページをご覧ください。

人間関係が原因で脱サラ後、体調不良で転職もできないままでした。

【もう人間関係に悩まない!】をモットーにアフィリエイトを始め、今ではパソコン1台で仕事ができるようになりました。

一人でも多くの人の「脱サラ準備」をサポートしたい!その一心で配信しています。よければ登録していってくださいね!