自己ブランディングがSEOと同じぐらい重要視される流れに

アフィリエイトで起業した・・・というブログタイトルをつけているため、読者(おそらくアフィリエイター)の方から「このブログの収益化はどこで?」と言われることがよくあります。

 

もちろん収益化する部分も持ち合わせていますが、このブログは「佐々木という人物が起業参入前の人向けに有益情報を発する人」というポジションを獲得するために全力を注いでいます。

 

消費者に対して自分が取りたい立場を創り出すことを「自己(セルフ)ブランディング」と言います。収益化できる立場に自分からなりにいくという考え方ですね。

 

たとえばアイスクリーム評論家のアイスマンさんや、カエレバ導入の超有名ブロガーかんきちさんなどが有名です。自分自身を武器に情報発信し、顧客とともにビジネスを拡大させています。

 

メンター探しの記事で紹介した人達も、アフィリエイトの傍らでこじんまりした格安塾を運営したり、中小企業や個人事業主とタイアップしたり、自分だけのお客さんと一緒にビジネスを運営しています。

ネットビジネスでメンターを見つけて思ったこと

2018.02.22

 

 

自己ブランティングはまだまだ競合が少ない世界です。収益化は物販系に比べて遅くなりますが、一度ついた顧客と一緒にビジネス拡大が可能なため、ビジネスチャンスは物販系に比べて非常に広くなります。

 

僕とメンターの関係のように、顧客がビジネスパートナーになるケースもありますしね。

 

そこで今回は、自己ブランディングの意義についてお話します。ビジネスがより身近に楽しく感じられますのでぜひぜひ読んでいって下さいね!

 

また、Googleの仕様変更や紹介商品に左右されない、自分だけのビジネス展開のヒントとなることもお約束します。

自己ブランディングに成功してアフィリエイトを卒業!?

アフィリエイトの世界でも、自分が稼いだ実績をノウハウ化し、販売する人が増え始めています。実績で自分をブランディングしている好例ですね。

 

実績内容は月3万円~100万円以上と多岐に渡り、それぞれ狙ったターゲットに対して商品を販売しているんですね。商品を紹介するよりも顧客の信用が必要な分、ファンとなった顧客と何度もやりとりができる点に強みがあります。

 

教材を販売するだけにとどまらず、感想をフィートバックして教材内容をバージョンアップをしたり、通話や対面でノウハウ指導をしたり、ビジネスを拡大するチャンスは無限大です。

 

拡大したビジネスを実績にして、企業にコンサルタントとして営業することもできます。アフィリエイトの世界では当たり前のメルマガセールスやSNS集客も、まだまだ中小企業等では拡がっていませんからね。

 

もしくは自分でやってみたいビジネスにネット集客を取り入れることまで・・・。もう話を拡げだせばキリがないくらいです。

 

こうした自己ブランディングが拡がりには、消費者の価値観が「何を買うか」から「誰から買うか」へと変化したことが背景にあります。

 

世の中の商品は、大概似たり寄ったりになっているため、商品の中身そのものよりも販売者が信用に足るかが重視されるようになってきているんですね。

 

アフィリエイトノウハウも、ぶっちゃけその人の体験談等の一次情報を除けば、言っていることは誰でも大体同じです。根底には100年以上も研究された購買心理学や経営学があるため、同じになること自体は無理はないんですね。

 

ただし、誰がどんなふうにその情報を発信するかが重視されるため、自分が狙っている消費者にとって価値ある個人であることをPRすることが成功の鍵になっているのです。

 

自己ブランディングされた価値ある個人とは??

ブランドという言葉から「すごい」価値がないといけないと思われがちですが、そんなことは一切ありません。

 

自己ブランディングのコツは、ターゲット市場が必要とする価値を発掘するところにあります。

 

ようするに、狙ったターゲットが欲しがるならば、どんなものでも価値になるという意味です。

 

たとえばこのブログは、「起業初心者or副業をしたいサラリーマン」向けに情報を発信しています。

 

コンセプトは「プチ起業」です。プチ起業を成功させてビジネスを拡大し、雇われても雇われなくても、自分が好きな生き方ができるための情報を価値としています。

 

「公務員を辞めても参入するほどの価値がある!」そんな情報をお届けしたい思いで記事を書いています。

 

アフィリエイトの起業歴から、ネットビジネス全般に応用できるライティングスキル、SEO集客、ブログの立ち上げから組織人としてのコラムまで掲載することで、「平凡な佐々木が脱サラをしてなんとかやっている」姿を価値として受け取ってもらいたいのです。

 

こういう生き方もあるのかーという自己啓発系にとどまらず、ライティングスキル、販売心理学、SEO対策などの具体的な戦略まで記事にしています。

 

いつでも仕事を辞められる収入源を確保するという、サラリーマンの夢を実現させるページにしているのです。

 

ベテランには初歩的過ぎる記事が多いですし、起業に興味がない人には見向きもされません。

 

ターゲットを絞り込んで自己ブランディングを狙っているからこそ、このブログスタイルになっているのです。

 

そうして、僕に共感できる人が僕を価値ある個人として認識してくれるわけですね。

 

自己価値と市場価値のマッチングが必須

上の例のアイスマンさんは、コンビニアイスという大規模な市場の中で、コンビニアイス専門家というライバルの少ない場所で一人勝ちをしています。

 

アイスが好きという「普通」の価値観を「市場ニーズ」とマッチさせたことで一気に有名ブロガーになったわけですね。

 

僕は副業や起業という「お金を稼ぐ」という超巨大市場に、「仕事を辞めたい」という価値観をマッチさせてこのブログを更新しています。

 

一般には「お金」「コンプレックス」「恋愛」「転職」などが大規模と言われますが、「旅行」「留学」「無職生活」などをブランディング材料にしている人もいますね。

 

あまり難しく考えずに、とりあえず書きたいことを書いてみて下さい。

 

スポーツでも読書でも何でも、意外と好きな事を書いているうちにジャンルに偏りが出てきて、自分が書きたい方向性が定まってくるのが実感できるはずです。

 

書く前に価値を発掘しようと躍起になると、凝り固まったブログになってしまいます。好きなように書きながら自分の傾向を知ることのほうが近道です。

 

そこにAmazonアフィリエイトリンクを貼ってみると良いですね。他のアフィリエイトと違って、成約後の購買行動がわかるので、単価が低くても参考資料として最適です。

(※このあたりについてピンとこない方は、問い合わせからご質問をどうぞ)

 

そうやって自己価値と市場価値とのマッチングを試みてください。必ず「これならいけそう!」とワクワクするポイントが見つかります。

 

自己ブランディングについてのまとめ

何となくとらえどころない自己ブランディングですが、結局は「なりたい自分」になってビジネスをするという意味です。

 

おさらいすると、

◆自己ブランディングとは、自分の強みを市場のニーズに合わせて売り出すこと

◆ファンビジネスの構築につながるため、GoogleやASPの影響を受けにくい長所がある

◆物販や商材等のアフィリエイトと比べ、収益化には時間がかかるがビジネスモデルが自由

◆自己価値の発掘と市場規模のリサーチが必要である

◆雑記ブログを始めて発信し続けると書きたいブランディングの方向性が見えてくる

ということでした。自己価値の発掘についてはこちらで詳しく解説しています。

アフィリエイト戦略に必須!ライブコマース流行に学ぶ価値発掘の方法

2018.02.09

 

結局は「ファンビジネスが最強」という結論につながるのですが、今後のコンテンツでも自己ブランディングのテクニックや考え方について、細々したテクニックもご紹介していきます。

 

抽象的な内容でしたが、今回も最後まで読んでいただいてありがとうございます。


P.S

記事の中でわかりにくかったところ、感想、雑談など

お気軽にご連絡ください→平井に連絡してみる

アフィリエイト初心者さん向けの無料メール講座を配信しています。

詳しくはこちらから紹介ページをご覧ください。

人間関係が原因で脱サラ後、体調不良で転職もできないままでした。

【もう人間関係に悩まない!】をモットーにアフィリエイトを始め、今ではパソコン1台で仕事ができるようになりました。

一人でも多くの人の「脱サラ準備」をサポートしたい!その一心で配信しています。よければ登録していってくださいね!