jetpackとgoogle analyticsの統計情報が違うときの解決策

JetpackのPV統計結果が google analyticsよりも極端に低い場合と高い場合の両方を同時期に経験しました。大体倍近く違うんですよね。

 

「誰かがオプトアウトしたブラウザでみてる??」と予測していたのですが、結局はjetpackが自動で行うスパム対策と、自分で設定した google analyticsのスパム対策が競合していたことが原因でした。

 

統計結果に振り回されっぱなしでしたが、いずれにしてもキーポイントは「スパム対策」と「 google analytics側のフィルタ設定」にあることが判明。

 

ググっても出てくるのは google analyticsがそもそも反映していない解決策が多くて苦労したので、事の顛末を記事にしておきます。

 

とりあえずチェックすべき項目

完全に体験からの感想ですが、不具合の原因は大概 google analyticsにあります。フィルタ設定をしたのがまずかったり、単純に反映が遅いのを待てなかったり、トラッキングIDが他のブログと被っていたり・・・。

 

つまりユーザー側が何かをミスっているということです。

 

問題の切り分けをして原因を突き止める視点が重要ですので、簡単にできるチェックをお伝えします。

トラッキングIDの重複がないか

google analyticsとブログを連動させるため

ブログ内に google analyticsのトラッキングIDを埋め込みます。

 

この埋め込みを複数した場合、

埋め込んだ数だけ倍になって

アクセスをカウントしてしまいます。

 

 

たとえば僕のブログでは

All in One SEO packというプラグインを使っています。

 

このプラグイン内では、

トラッキングIDを入れるだけで

google analyticsとブログを連動させることができるんです。

 

さらに、テーマは「ストーク」と使っています。

このテーマは「カスタマイズ」という項目で、

プラグインと同じようにトラッキングIDを埋め込むことができます。

 

一方で、プラグインもテーマも使わない場合は、

ワードプレスのファイルそのものにトラッキングIDを埋め込みます。

 

3つのチェック方法を順番に図解で載せておきますね。

 

All in One SEO のチェック方法

ダッシュボード画面で、

All in One SEOをクリック。

 

スクロールし、

Google設定内の

GoogleアナリティクスIDをチェック。

 

ここにトラッキングIDを入力している場合、

他の場所に入れてはいけません。

 

次に、ストークの場合のチェック方法です。

 

ストークのチェック方法

ダッシュボード画面から

外観→カスタマイズをクリック。

 

アクセス解析コードをクリック。

 

google analyticsのボックスを確認。

 

ここと他にトラッキングIDを入れていないかを確認してください。

 

テーマの直接編集のチェック方法

テーマのheadタグにトラッキングコードを埋め込んでいる場合のチェック方法です。

 

ダッシュボード画面から

外観→テーマの編集をクリック。

 

編集画面の右メニュー、

テーマヘッダーをクリック。

(子テーマを使っている場合、

親テーマにしか表示されていない

場合があります。)

もしこの時点で編集をする場合は、

必ずバックアップをとってください。

(※ワードプレスを簡単に手動バックアップする方法

 

 

文字の羅列が出てくるので、

Ctrlキー+Fで検索ボックスを呼び出し、

トラッキングIDを検索します。

 

ここにトラッキングコードを埋め込んでいる場合、

検索結果に現れるはずです。

 

以上の3つのチェックをして、

複数個所にトラッキングIDが現れた場合、

どれかを削除してください。

 

注意が必要なのは、

プラグイン、テーマのカスタマイズ以外、

テーマの編集を使ってheadタグ上に

トラッキングコードを埋め込んでいる場合、

必ずバックアップを取ってから削除してください。

 

削除する場所をミスするだけで、

画面が真っ白になったりします^^;

 

48時間経っても google analytics側に反映されていないか

jetpackは一瞬で反映されますが、 google analyticsはタイミングがズレます。

 

google analyticsでも数時間で反映されることが多いですが、念のために48時間経過している情報を照合してみてください。

 

それでもなおズレがあるときには、以下の順番でチェックすることをオススメします。

 

 google analyticsのアクティブユーザーが反映しているか

そもそも google analyticsがブログに連動しているかをチェックします。

 

google analyticsを開いて左メニューから「リアルタイム」をクリック。すると右端にアクティブユーザーという項目がでてくるので、自分でアクセスをして1プラスになるかをチェックします。

 

※キャプチャ画像を使って解説したいのですが、規約違反になるため文字のみの解説となります。

 

出入りが激しいブログなら、自分で出たり入ったりして数字が増減するかを確かめてください。

 

これで問題なければ、とりあえず google analyticsは作動していることがわかります。

 

もし問題がある場合は、 google analytics自体が作動していません。多くはトラッキングコードに原因があるので、左メニューの「管理」から「トラッキング情報」へ行き「トラッキングコード」をクリックしてください。

 

出てきた画面で「過去 48 時間にトラフィック データを受信しています。」というメッセージとトラッキングIDが表示されていれば、 google analyticsとブログの紐づけに問題はありません。

 

 

フィルタ設定を解除してみてjetpackと比較する

google analytics自体を入れなおす人もいるのですが、過去の統計情報が消えるのがもったいないので先にフィルタ設定を解除するほうが得策です。

 

僕はリファラスパム(解説は別記事で)と自分のパソコンを統計から外すフィルタを設定をしていました。全てのフィルタを一度外し、自分のパソコンに関してはGoogle chromeのオプトアウト機能をイントールすることでフィルタ代わりにしています。

 

リファラスパムに関しては今のところ(not set)を除外する以外のフィルタは解除したままです。解除した後は、 jetpackと google analyticsの統計結果が一致しているので、今のところはそのままにするつもりです。

 

問題を切り分けた結果、僕のケースでは google analyticsのフィルタ設定が原因ということがわかりました。

 

ただ、数日後にjetpackが google analyticsの半分ほどのアクセスになりました。 google analyticsを解析すると海外からのリファラスパムとおぼしきアクセスが大量にありましたので、jetpackが自動でスパム判定して解析しなかった模様です。

 

google analyticsから海外のアクセスを差し引いた数値と、jetpackの数値とが一致したため、原因がスパムにあると推測しています。

 

まとめ:jetpackと google analyticsの統計情報が違うとき

jetpackの統計情報は、ワンクリックでチェックできるとあってワードプレスユーザーには強い味方ですよね。

 

ただし、ユーザーの滞在時間や周遊記録といったSEO対策に直結する情報が得づらいのが難点です。

 

単純なPV数はjetpackでチェックし、リピーターやPC・スマホの割合等は google analyticsでしっかり解析する姿勢がちょうど良いですね。

 

今回の記事をざっくりおさらいすると、jetpackと google analyticsの統計情報が一致しないときは、

◆48時間以前の情報をで照合する

◆ google analytics側のアクティブユーザーをチェック

◆トラッキングコードの二重登録をチェック

◆フィルタ設定を外して試してみる

という内容でした。

 

記事更新の時間を潰してしまう前に試してみてくださいね!

 

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました。


P.S

記事の中でわかりにくかったところ、感想、雑談など

お気軽にご連絡ください→平井に連絡してみる

アフィリエイト初心者さん向けの無料メール講座を配信しています。

読者の方からは「久々にホンモノのメルマガに会えた!」と喜びの声を頂いています。 詳しくはこちらから紹介ページをご覧ください。

人間関係が原因で脱サラ後、体調不良で転職もできないままでした。

【もう人間関係に悩まない!】をモットーにアフィリエイトを始め、今ではパソコン1台で仕事ができるようになりました。

一人でも多くの人の「脱サラ準備」をサポートしたい!その一心で配信しています。よければ登録していってくださいね!