【アクセス数実況中継①】30日経過のアクセス解析結果

このブログを立ち上げてから約30日が経過しました。

 

プロフィールや理念、LPなどのページを除き、記事として投稿したものが32記事。

 

3つ目のサイトですのでこれまで学んだSEO対策を施した結果がどこまでアクセスに繋がったかを検証します。

 

【前提条件】
1記事辺りの文字数は3000~4000字前後です。

 

SEO対策はタイトルキーワード設定とディスクリプション(META説明文)、ライバルチェックまでを行っています。キーワードは月間検索ボリュームは10~100のものを中心に作成しています。

 

記事内にはSEOキーワードを5~10個、共起語も洗い出して記事本文とディスクリプションに入力しています。

結論から言いますと、一日で20~30PVを安定して確保できています。

 

初月のPVとしては量質ともに非常に満足のいく結果でした。

 

以下で注目ポイントと感想を述べます。

 

アクセス解析シリーズで注目する点は以下のとおりです。

◆検索流入をいかに増やせるか(SNSや無料ブログに頼らない集客)

◆各ページを巡回してくれたか(記事の質=Google評価の上昇)

◆お客さんの滞在時間はどうか(記事の質=Google評価の上昇)

順に思うところを書いていきます。

 

検索流入は増やせるか

検索流入を増やしておくことにこだわるのは、他経由のアクセスよりも将来的に安定しているからです。

 

たとえばTwitterをメインに集客していた場合に、Twitter運営者の方針変更で自サイトへのリンク禁止が出されれば集客力はゼロになります。

 

検索流入を強めておけば、GoogleとYahooの検索エンジン(2つは共通)が消えない限り、安定して集客を見込むことがでくるのです。

 

理想形は検索にもSNSにも頼らずに自分だけで集客から収益までを完結させること。

 

メルマガやリアルビジネス(対面セミナーやオンラインサロン等)に落とし込み、顧客と一緒にビジネスを成長させるところまで引っ張り上げることがゴールです。

 

30日経過現在の検索流入は合格ラインに達しました。

 

20日経過後から検索流入が大半を占めていたからです。

 

約60%が検索流入という好記録でした。

 

割合的にはこれで満足なので、あとはブログ記事数を増やしてアクセスをどこまで伸ばせるかですね。

 

ちなみに、最初の20日間ほどはブログランキングとSNSの流入がほとんどです。

 

Twitterとブログランキングの二つで集客しているのでゼロアクセスはなかったですが、やはり集客力は強くありません。

 

検索流入の人よりは、ブログに訪れる動機が薄いからだと推測します。SNSの場合はなんとなく目に入ったからクリックした、というぐらいのノリで流入しているのかな、という感想です。

 

Twitter集客について思うこと

「サイトに訪れる動機は軽いだろう」と仮説を立てましたが、なかにはツイートで記事を共有して下さる方もいます。

 

Twitterアクセスから巡回してくれる方、もしくはリピーターになっている方もいらっしゃるので、使えるうちはどんどん使ったほうが集客効果はあると考えられますね。

 

これからのTwitter対策としては、

 

目を惹く有用な情報をつぶやいてブログにまで興味を持ってもらう

 

ことを目標にします。SEOを気にせず、気楽に「ビジネスへの気づき」をツイートするイメージですね。

 

そう思ったのは、Twitterのような短いフレーズですら心を動かすフィリエイターがいるからです。

 

たとえば「わっきー@仕組み作る人」とか「クロネコ屋」さんたちは、有益で惹きこまれるつぶやきを連発しているため、ブログへの誘導や教育力が半端なく強いです。

 

しっかり教育されてしまい、二人共の教材を購入しました。

 

140字でも気づきを与えられたり気になることを書かれると、その人のことを詳しく知りたくなってしまうんですよね。

 

現在の集客力は一日に2,3人です。実質放置で流入者がいるため、Twitterは使い方次第でまだまだ集客の伸びしろがありそうです。

 

※つぶやきそのものにアフィリエイトリンクを貼る行為は禁止されています。ご注意ください。

 

ブログランキングについて気づいたこと

ランキングについて気になった点が1点あります。

 

参加中のカテゴリーは参加人数が280人程度の小さなランキングです。現在は6位にランクしています。

 

気になったのが、参加者が800人程度の大きなランキングで20位台にいたときのほうが、

 

ランキングサイトからのアクセス流入が多かったです。

 

ランキング順位が低くても、大きなカテゴリーのほうが流入数が多いのです。

 

見ている人が多いから当然ともいえますが、ベスト10入りにこだわらなくても、20位前後で一日に10人以上は流入しています。

 

ただ、僕の場合は何度もランキング内で見かけてもらって親近感を得てほしい(ザイオンス効果)という狙いがあるので、しばらくは小カテゴリーのランキングに滞在する予定です。

 

ページの巡回と滞在時間について

アクセスしたページのみを見てブログを離れる「直帰率」は直近一週間で60%ほどでした。

 

平均大体一人当たり2ページぐらいは見てもらえています。

 

1人3ページ、滞在時間3分が優秀といわれるラインです。タイトルの変更と記事内容を短文にするなどして、巡回数を上げられるかテストする必要があります。

 

滞在時間は人によってまちまちでした。30秒から3分ほどです。

 

スマホユーザーが多いので、流し読みしやすい短文化と改行の工夫が必須ですね。

 

先を読みたくなるような、具体例や画像を多用した見やすいサイト作りを心掛ける。

 

記事量産ばかりに意識がいってしまっている等の反省点があぶりだされてきました。

 

ウケを狙うという意味ではなく「わかるわかるww」とクスっと笑いながら共感できる記事が面白い記事だと思っています。

 

どんなに説明的な内容の記事でも、具体例や読者参加でクスっと笑ってもらいながら先を読めるものを目指します。

 

アクセス解析実況中継まとめ

検索流入が発生したということは、

 

狙ったキーワードで検索されて、記事がクリックされているということで合格。

 

巡回記事数が2ページというのは、記事数の不足とタイトルの興味付けがまだ弱いことがわかります。

 

読まれている記事にも傾向が出てきたので、今後の更新記事の内容に反映させてみて、次の解析でアクセスがどこまで伸びるかを検証します。

 

アフィリエイトそのものの知識の記事よりも、働いているうえでの悩みを書いた記事のほうがクリック数は多いです。

 

また、アフィリエイトをするうえでの悩み系の記事も多く、単純なノウハウ公開のクリックは少ないです。

 

結局は深い悩みに共感し、読者の問題点を明確にしたうえで行動を促すこと。

 

この一点に尽きるということが見える結果でした。

 

次回の解析は60記事以上+ブログ開設2か月時点での解析です。

 

このままSEO対策を施しながら更新すれば、上位3割と言われる50PV以上/日に達しているはずです。

 

このシリーズを参考に、何を解析してどんな結論を出すのか、記事のリライトはどうしているのか等を知ってもらえれば幸いです。

 

次回の解析もお楽しみに!


P.S

記事の中でわかりにくかったところ、感想、雑談など

お気軽にご連絡ください→平井に連絡してみる

アフィリエイト初心者さん向けの無料メール講座を配信しています。

詳しくはこちらから紹介ページをご覧ください。

人間関係が原因で脱サラ後、体調不良で転職もできないままでした。

【もう人間関係に悩まない!】をモットーにアフィリエイトを始め、今ではパソコン1台で仕事ができるようになりました。

一人でも多くの人の「脱サラ準備」をサポートしたい!その一心で配信しています。よければ登録していってくださいね!