脱公務員で専業アフィリエイターになるのは怖くなかったですか?

twitterのDMでよく来るのが、「専業アフィリエイターの方ですか?兼業ですか?」という質問です。

 

脱公務員をして専業でやっているので、「専業でやっています」と答えています。すると大体は、専業を決意したタイミングを聞かれる展開に突入。

 

これは飲み会やセミナーに参加したときも同様です。

 

僕の場合、専業アフィリエイターになりたいと思ってなったわけではなく、上司との人間関係に限界がきて病気(適応障害と抑うつ症)になったことをきっかけに、人間関係から解放されて食べていくために動いていたら専業アフィリエイターに流れ着いただけです。

 

ですので、脱サラ(公務員)について怖くなかったかと聞かれると、病気による自殺願望のほうがよほど怖かったので、自分なりにビジネスに取り組めるというのは喜びでしかなかったと本音では思っています。

 

ただ、そんなことを対面で言うと気まずくなりそうなので「貯金が尽きるまでは好きなように挑戦しようと思い、なんとか尽きる前に収益が出ました」と答えるんですね。

 

しかし前職がサラリーマンではなく公務員を辞めたと言うと十中八九「もったいない!」といわれます。この展開にも慣れてきました(笑)

 

「クレイジー」だの「勇気があるのかバカなのかわからん」とハッキリ言う人まで現れる始末。

 

僕が思うに、即座に「もったいない」という感情が出るなら、その方は脱サラを伴う専業アフィリエイターは向いていないと思うのです。

 

勝手な推測ですが、もったいないと思った人の頭の中では、公務員のことを、

 

◆9時5時で終わって

◆営業ノルマも責任もなく

◆まったりとした職場環境でクビにもならず

◆安定した高給取り

 

そんなおいしい地位をなんで手放すの!?

 

みたいに思っているのかなと。僕は民間での正社員経験もあるのですが、公務員時代のほうがよほどストレスが大きかったです。

 

公務員と言えど、副業=即懲戒(法律違反)、給与改正で年収100万円減、ふるさと納税で財政破綻の危機、予算不足で部署同士の険悪化、サービス低下で市民激怒、激怒市民の対応を押し付け合いと、特に理想の世界ではありません。

 

人事異動が半年から5年というペースであるために、ころころと新しい環境に馴染まなければならないことは、僕にとっては大きなストレスでした。実際にやってみないとわからない、どんな世界でもそうだと思います。

 

ただし、専業アフィリエイターの世界に飛び込む前に自分の経営資源がどんなものかを考えておくことを強くおすすめします。

 

経営資源とは、今自分が所有している、起業して生活できるレベルにまで引き上げてくれる財産のことです。

 

たとえば預貯金があれば無収入の期間を支えてくれますし、起業している友人がいればアドバイスをもらえます。

 

お金持ちのヒモになるルックスや性格があれば収入が出るまで養ってもらえますし、実家に頼んで住まわせてもらうこともできますね。

 

ブログやmixi等で日記を更新したことがあるのも立派な経験値。

 

もちろん少額でもアフィリエイト経験があればそれも大きな経営資源です。世間体を気にしない心や諦めない心、根拠のない自信というのも大きな経営資源ですね。

 

専業アフィリエイターになった人たちは皆、自分の中の経営資源に何かしらの勝算を見出したからこそ専業になっています。

 

僕の場合の経営資源は、

◆web起業家の飲み友達がいること

◆兄がシステムエンジニアでweb周りに強いこと

◆塾で国語を教えていたので文章を書くスキルはあること

◆勉強することが好きなこと

◆組織で働くのが死ぬほど嫌だったこと

です。web周りやSEO、マーケティングなどはブログを開設して記事を更新しながら学びました。最初から100点の記事など狙わず、とにかく書いてみたのです。

 

記事以前のワードプレスでのブログ開設や記事更新のイロハは30万円を支払って、ベテランのアフィリエイターに全てマンツーマンで教わりました。その他は兄や友人に聞きつつ、積極的に起業家の会に顔を出して成功者のやり方を吸収しました。

 

人間関係が嫌なくせにリアルの関係にこだわったのは、ネットで調べて試行錯誤する時間がもったいなかったからです。さっさと自分の知識レベルを引き上げて、人間関係から解放された自由な生活を手にしたい一心でした。

 

おかげで1ヵ月半でamazonアフィリエイトとサイトアフィリエイトの二つのサイトから収益が出始めて、専業アフィリエイターへ。

 

サイトアフィリエイトは単価6000円の高額報酬でしたので、貴重な収入源になりました。

 

僕がしたことは、経営資源である人脈に、記事作成以外の部分を支えてもらったことです。web操作、孤独な時の愚痴、経営者の気持ちの共感、兄には起業に反対する両親の説得までしてもらいました。

 

僕は周囲に支えてもらっている隙に、自分の頭の中を稼げる頭にアップデートします。

 

人の心を惹くコピーライティング、ブログのメニュー配置や記事の役割分け等、自分でしないとどうしようもない部分に徹底的に絞り込んで作業に没頭。

 

結局は「経営資源+必要な努力=専業」というシンプルなものだと思います。

 

怖いという感情は、式のうちのどれかが不鮮明であるだけです。僕はこの不鮮明な恐怖に起業へ踏み出せず、根拠ない憧れだけを抱き続けていました。

 

誰でも不鮮明なものは怖いです。

 

下調べもなく富士山に登るようなものですね。

 

必要な装備、日数の目途、道の場所全てを調べて初めて登り始めると思います。一回でも登れば次からは断然怖くなくなるはずです。

 

必要な努力は調べたり実際に記事を更新したりすればわかりますが、経営資源はその人の人生経験そのものです。大した資源がないと嘆いてしまう人は、とりあえずセミナーに行くだけでも良いと思います。

 

高額塾などいかなくても、都道府県の商工会などのホームページを見ればいくらでも起業家セミナーはあります。SEO講座などのアフィリエイトに直接役立つものも結構ありますよ!

 

大阪の例ですが1000円ぐらいで受講できますし、そうやって経営資源を増やせば問題ありません。

 

大事なのは自分がなぜ専業アフィリエイターになりたいのかを徹底して洗い出すことです。そうすれば恐怖など吹っ飛びます。

 

僕と同じように人間関係から解放されたいでも良いですし、お金の悩みから解放されたい、時間を自由に使いたい、通勤したくない、ひきこもって暮らしていたい等、なんでも良いです。強烈な欲求があれば勝手に身体は動き始めます。

 

今この記事を読んでいて、ちょっと知識をいれてみたいなーと思ったら、手に入れたい欲望を叶えるチャンスです。このページを閉じた途端にまた収縮していくと思います。

 

初心者の方のオススメのアフィリエイト手法についてはこちら。

 

【初心者向け】雑記ブログの収益化と到着地点を考えてみる

2018.03.08

 

メルマガ等でおすすめのものを知りたい場合等はお問い合わせからどうぞお気軽に。

 

専業アフィリエイターになりたいのに怖い、そんな思いを持つ人の怖さを少しでも和らげて、欲しい未来を掴むきっかけになれれば幸いです。一緒に楽しい未来を創り上げていきましょう。


P.S

記事の中でわかりにくかったところ、感想、雑談など

お気軽にご連絡ください→平井に連絡してみる

アフィリエイト初心者さん向けの無料メール講座を配信しています。

読者の方からは「久々にホンモノのメルマガに会えた!」と喜びの声を頂いています。 詳しくはこちらから紹介ページをご覧ください。

人間関係が原因で脱サラ後、体調不良で転職もできないままでした。

【もう人間関係に悩まない!】をモットーにアフィリエイトを始め、今ではパソコン1台で仕事ができるようになりました。

一人でも多くの人の「脱サラ準備」をサポートしたい!その一心で配信しています。よければ登録していってくださいね!