32歳で脱公務員をした人生観と仕事観

20代のうちは仕事でも転職でも、人生すべてが勢いでどうにかなってきました。疲れても一晩寝れば元気になありますし、ストレスが溜まれば運動でもすれば一瞬で解決です。

 

上司や先輩に対する愚痴も、同年代同士で語り合っていれば価値観も合い、皆一緒だと思えば元気があふれでてきました。

 

しかし30代になると周囲との接し方がが変わってきます。親の定年、周囲の昇進や転職、起業、体力の衰えを感じ始めるなど、人それぞれのタイミングで訪れる悩みが加わり、同年代同士でも人生観や仕事観が変わってきます。

 

悩みの内容が深くなり、違いが出始めて噛み合わなくなり、人と比べて自分の人生はこれで良いのかと考え始めるのです。

 

自分自身にプライドがでてきて、同年代で慰め合ってきたはずが嫉妬や羨望などのしがらみの感情が現れ始めます。

 

僕が市役所勤めをしていたときも、先の人生が見えてきてしまって愕然としてしまう日もしばしばでした。上司=自分の将来というモデルに見えてしまい、人生をつまらなく感じてしまいました。

 

一方で同僚は年齢ごとに安定して給料が上がり、役職がつくことにホっとしているようでした。こんな風に少しずつ価値観にズレが生まれてくるのです。

 

そんななかで公務員を辞めてアフィリエイトで起業するなど、周囲からは正気の沙汰ではないと非難されっぱなしでした。

 

生活保護になった起業家の例を出して僕の退職をひきとめようとしたり、宴席で僕のことを詐欺師になろうとしていると言ったりする人まで現れました。

 

同じアフィリエイター同士の飲み会ですら、アラサーの主催者が「いきなり公務員を辞めるなんてクレイジーだ」と初対面の僕を笑いものにする場面までありました。

 

何を言われようとも、現状に不満があるのに動かないことへの気持ち悪さから起業したことに後悔は何一つありません。

 

むしろ今は「こんな自由な人生があったのか」と組織にいるときに全く見えなかった世界にいることに幸せを感じています。

 

ただ、現状維持を選ばなかったことで気が付いた、30代ならではのキツさや大事なことがまとまってきたので、お話したいと思います。

 

愚痴多めですので、アラサーあるあるを「あーわかるー…」と思いながら読んでやって下さい(笑)

 

ゴリ押しがまったく通じなくなった

いきなり起業をしたので知識も人脈もない丸腰からのスタートでした。ですので最初は知識を詰め込むために寝る間も惜しみ、休日ゼロで起きている時間は全て勉強していました。

 

結果、2週間で立てなくなるほどに背中を痛めてしまいます。

 

デスクワークには慣れていましたし、残業を含めれば12時間労働などなんてことなかったはずです。しかし、環境の変化というものは若い時よりも随分と体にこたえるようになっていました。

 

よく考えてみれば、デスクワークといっても定期的に立ち上がって会議をしたり他部署へ打ち合わせに行ったり、昼休みには雑談を楽しんだりと、知らずのうちに休憩していたんだなと、起業して始めて気が付きました。

 

30代になれば仕事に慣れてきていて、自分なりにペースをつかんで仕事をしていたのだと。

 

そんなことをすっかりなかったことにして、体力があると過信して勉強しまくった結果、立ち上がるのもしんどいほどに背中を痛めてしまったのです。

 

30歳を過ぎた以上、経験を積んだ分、新人時代のようなゴリ押しでは新しい環境に対応できないと思い知りました。その後は一日のタスクを決めて、時間単位で仕事をするのではなく、タスクが終われば休むという手法で自分のペースを作り始めました。

 

知識と時間を金で買うことを覚える

20代では少しでも節約するために安い手段を選んでいました。情報はネットで調べて無料、移動は時間がかかっても安い手段で移動したりしていました。

 

しかし30代で同じことをしている時間がありません。特に僕は起業をして最初が無収入だったので、先に自己投資をしてでも、稼ぎのある状況を作り出さなければならなかったのです。

 

移動手段も同じで、夜行バスなど使おうものなら翌朝は身体が凝り固まって仕方ありません。

 

時間がお金よりも大事だと考えるようになった結果、いかに効率的に人生を過ごせるかを選ぶようになりました。

 

お金で時間を買って効率を上げ、浮いた時間をさらに稼ぎ出すための知識に投資する、このサイクルを回し続けることで投資した金額以上に稼ぐことができるようになりました。

 

時間さえかければどうにでもなると思っていた20代からは大きな変化ですし、時間をかけて疲労している時間がもったいなく思うようになりました。

 

人の言うことに左右されなくなる

社会人として10年以降過ごしたおかげで、人生観や仕事観に確固たるものができあがってきました。僕の場合は、仕事もプライベートもオンオフなく楽しく過ごしたいという価値観です。

 

そのために時間とお金に自由なアフィリエイトを選択したのです。広告ビジネスは市場が生きている限り絶対に食いっぱぐれることがありません。

 

オンオフのない自由を手に入れるためという決意があるので、根拠なく詐欺師だのクレイジーだのといった、自分への批判にはビクともしなくなりました。

 

しかし自分にとって腹の立つような反対意見でも、参考になるものは受け入れて感謝するようにしています。ただ、やっぱり指摘された瞬間はイラっとしてしまうのは、僕がまだ未熟な証拠なのですが。

 

ネットビジネスで起業したことへの同年代の反応は、共感して応援するか、妙に攻撃してくるかの両極端です。

 

自分に自信があれば他者を攻撃して安心することはないですし、年齢的に30歳あたりから自立した心を持てるかの分岐点が訪れるのだと感じます。

 

おかげで自分をしっかり保っていれば、起業しようと組織にいようと自分の幸せのために行動できるんだと思い知ることができました。

 

もしも自由を手に入れたいのなら…

僕と同じように、オンオフなく仕事も含めて楽しく自由に生きたいという思いに共感してくださるのなら、副業で収入源を確保することをおすすめします。組織の人間関係にうんざりし、上司に未来を重ねるようになっている方も同様です。

 

なぜなら大手企業はもちろん、公務員ですら副業解禁の波が訪れている現実があるからです。

 

これが何を意味しているかというと、自分で稼げる力を持っていない人は社会に居場所がなくなりつつあるということです。

 

副業でだったら一日1時間あれば十分始められますし、なかでもアフィリエイトなら在庫なしの小資本なのでリスクがゼロです。副業であれば僕のように無収入期間を眠れない精神状態で過ごすこともありません。

 

多くの人は失敗を怖がって、行動していません。

行動しなければ結果はついてきませんし、成長することもできません。 by 南 壮一郎(実業家)

 

今のうちにコツコツ知識武装を始めて、同年代のライバルに一緒に差をつけ始めていきましょう。

 

詳細なノウハウ等は、コンテンツ一覧からご覧ください。

 

今回も最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。


P.S

記事の中でわかりにくかったところ、感想、雑談など

お気軽にご連絡ください→平井に連絡してみる

アフィリエイト初心者さん向けの無料メール講座を配信しています。

読者の方からは「久々にホンモノのメルマガに会えた!」と喜びの声を頂いています。 詳しくはこちらから紹介ページをご覧ください。

人間関係が原因で脱サラ後、体調不良で転職もできないままでした。

【もう人間関係に悩まない!】をモットーにアフィリエイトを始め、今ではパソコン1台で仕事ができるようになりました。

一人でも多くの人の「脱サラ準備」をサポートしたい!その一心で配信しています。よければ登録していってくださいね!