就職以外にも生きていく方法は意外と転がっている

僕は初めての就職を20日で辞めてニートになりました。

 

研修の時点で怒鳴られ罵倒されたことであっさり心が折れて逃げ出してしまったのです。

 

大学にまで行かせてもらったのにあっさりと辞めた自分。

 

これまでの人生の積み重ねすべてが一瞬で無意味になりました。

 

就職以外に生きる道はないと思っているのに、就職活動も面接もする気力が一切わかずにどうしても動けない。

 

そんな自分に嫌気がさしているのに一歩も踏み出せない、目を覚ましている全ての時間が苦痛の地獄の毎日でした。

 

人生の選択肢は就職以外にはないのか、それを探す元気もなく、ただ毎日が飛ぶように過ぎていく。

 

就職以外に生きる道がなく、こうして動けないのなら死んでしまいたい、そんな風に思い始めてうつ病まで発症してしまいました。

 

一方で友人たちは社会人としてどんどん成長していって、初給料や初ボーナスの使い道がmixiにアップされているのを、虚しい気持ちで眺める。

 

そんな毎日でついに、連絡先を全て消去して一部の人以外を全てシャットアウトしていました。

 

やがて世間体を気にし始め、3年かけてようやく就職した先は地元の市役所です。

 

安定職で一発逆転を狙って試験勉強をしていれば、ニートでいる理由ができて何とか自分を保っていられたのです。

 

しかし、その市役所も6年半で上司との人間関係が原因で適応障害と診断されて32歳で退職。

 

32歳にもなってまたニートに戻るわけにもいかず、就職以外に生きる道を必死で探し始めました。

 

「適応障害 起業」で検索して、ネットビジネスで生活する人に出会う

なんとしてでも就職以外で生きたい、その思いからたどり着いたページは、同じように適応障害で退職を決意した方のブログ。

 

アフィリエイトとせどりの両輪稼働で月収が60万円を切ることがないとの内容。

 

すごい、自分の手取りの3倍以上ある。。

 

夢中になってその方の動画やブログを読み漁り、実際にメールでのやり取りまでしてもらいました。

 

適応障害になって就職する気が起きず、どうにか就職以外で生きていけないかを相談してみたのです。

 

今考えれば図々しい相談ではありましたが、深く共感していただいて具体的なノウハウや退職後の心構え、社会の常識に適応ができないなら、むしろ起業には適応ができるはずだといった励ましの言葉を大量にいただきました。

 

幼いころから当然のように、勉強して良い成績で大学や高校を出て、できるだけ大きな企業で働いて定年後からようやく自由になる。

 

これって何のために生きているんだろう、と思う瞬間ってありませんか?

 

家族のため、自分のため、生活のため、なんとなく自分を誤魔化しながらクタクタに疲れて、帰宅後はバラエティ番組を見ながらビールを飲んでソファで寝落ち。

 

僕はこんな毎日でした。

 

普通に勉強して普通に社会に出て、どうにか公務員になって普通に普通に人生を送っているのに、なんで少しの贅沢もせずに必死に貯金をしているんだろう、こんな高い服って誰が買うんだろう、どこで間違えたんだろう、どこで差がつくんだろうと、虚しい気持ちになる日が続きます。

 

それでも多数派でいることが安心だし、飲み屋で同僚に同じようなこと愚痴りあって傷をなめあい、自分が正しいと思い込むようにする。

 

そんな毎日でそれなりに幸せにしていたかと思えば、上司との関係が悪化し、適応障害と診断されて働けなくなってしまいました。

 

激しい頭痛や吐き気、震えに襲われ、職場に入ることもできな日々。いつになったら治るのかわからない不安と恐怖で休まる暇もありません。

 

もしかしたら、同じようなことがあなたにも降りかかるやもしれません。

 

おまけにAIの発達で仕事はどんどん自動化され、人の必要性すら疑問視され始めた時代。

 

まだ副業で起業ができる余裕があるうちに収入源を確保しておくことこそが、将来の心とお金の安定につながるのではないでしょうか。

 

NEC関連企業などは、2018年4月から副業の全面解禁に乗り出します。働き方改革が叫ばれる中、個人でお金を生み出す力が急激に求められ始めている証拠です。

 

そこで参入すべきが、ネットビジネスなのです。

 

ノートパソコン一台でノーリスクで始められるからです。

 

勉強する内容はネット経由での集客、人の心を動かすコピーライティングス、市場を見つけ出すwebマーケティング、この組み合わせがあればアフィリエイトに限らず何でも稼ぐことは可能です。

 

つまり高度なITスキルなど一切不要だということです。

 

各分野それぞれを合わせても、一ヵ月もあれば十分に全体像を見渡せるほどの分野です。

 

基本を身に着ければあとはコツコツと文書を書いて洗練させるのみ。中学生の数学の勉強ほうがよほど難しいぐらいです。

 

アフィリエイトには、失敗しようがない要素が詰まっている

 

起業初心者に重要な大原則がぴったりあてはまるために、アフィリエイトがネットビジネス参入の入口として一般的になっています。

 

①小資本で始められる

②利益率が高い

③在庫を持たない

④定期的に一定額の収入がある

これはトップ経営者、堀江貴文氏が推奨するビジネスモデルの基本です。

 

①月々たった数千円から始められ

②必要経費がかからないため参入ジャンルで報酬額は自由自在

③他人の商品紹介をするため、自分は何も在庫を持たず

④ブログやメルマガで自動集客自動販売が可能

ノーリスクハイリターンで副業からも始められるビジネスなのです。

 

突き詰めてしまえばひたすら文章を書く、この一点に尽きます。付属の勉強は書きながらつぎ足ししていけば十分です。

 

こつこつと知識を増やし、文章で書き出していき、ブログ記事という資産を積み上げていくと、やがては就職以外で収入を得、人生の選択肢を国や会社から奪い返すことができるようになります。

 

もう二度と人間関係で泣いたり吐いたりしたくない

 

朝は起きたい時間に自然に起きたい

 

死にたい気持ちで通勤するのはもう嫌だ

 

月曜日の朝は毎回大金持ちになって仕事を辞める妄想をしながら通勤する

 

こつこつと積み上げたブログ記事という資産が、全部夢を叶えてくれます。

 

アフィリエイトを使ってノーリスクで起業家として成功した後は、さらに別のビジネスに挑戦するもよし、田舎にひきこもってスローライフを送るもよし、自分で自分の生き方を決められます。

 

難しそうに思ったら雑記ブログ+Amazonアフィリエイト

ここまで勉強内容や理想論を語ってきましたが、正直やってみないとわからないのが本当のところです。

 

いきなり集客やコピーライティングやと言われても、難しそうだしピンとこないと思います。

 

まずは、ネットビジネスの最初の一歩として、

 

とりあえずブログでも書いてみるか

 

ぐらいの気持ちで十分です。

 

趣味でも愚痴でも何でもオッケーです。

 

記事数が30を超えた辺りから、自分が好きなものをAmazonアフィリエイトで紹介する内容を書いてみて下さい。

 

なんでAmazon?という方、雑記ブログなんて需要がなさそう・・・という方は、ぜひこちらを参考にしてください。

 

雑記趣味ブログを収益にしてアフィリエイトに拡大する戦略

2018.03.08

 

ちょっとだけ外の世界に目を向ける

組織で働いていると「辞めたら後がない」と追い詰められることがよくあります。

 

ただ、あなたにとって「後」は本当にないのでしょうか。

 

ここではアフィリエイトの最初の一歩を紹介しました。しかしまだまだ就職以外の生き方はあります。

 

いきなりブログを持たなくても、クラウドソーシングサイトを使えばいくらでもライターやプログラマーのアルバイトがあります(それも初心者歓迎案件もたくさん!)

 

副業として始めてみて、その様子をブログにするだけでも多くの人の共感を得られそうです。

 

休日にボランティアから実務を学ぶ手もあります。僕は最初、無料でブログ診断を行っていました。

 

いきなり大きく稼ぐことを目指さず、小さく成果を積み上げればいつの間にか就職から脱出できている、そんなことは夢ではありません。そんな人はセミナー等にいけば山ほどいます。

 

この記事が、少しでも選択の幅を広げる勇気を与えられていれば幸いです。

 

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました!