アフィリエイトで参入しやすいのはクリック報酬型

アフィリエイトは大きく分けでクリック報酬型成約報酬型があります。

 

クリック報酬型がブログに載せた広告がクリックされれば報酬が発生するタイプ。

 

成約報酬型がブログに載せた広告から商品が売れた場合に報酬を受け取るタイプです。

 

成約報酬型のアフィリエイトに突然参入するのはかなりハードルが高いですよね。

 

「とりあえずブログを書いて広告を貼ることに慣れる」という意味でも、クリック報酬型はかなり参入しやすいものになります。

 

クリック報酬型アフィリエイトを、

◆記事の作成を通してブログの運営・操作に慣れる

◆ネットビジネスで不労所得が発生する実感を得る

興味を引く文章で集客をする練習をする

というゴールを定めて参入することは勉強になるのでオススメです。

 

僕自身も最初はワードプレスの操作に慣れるために、趣味ブログを一ヵ月運営してから成約報酬型に参入しました。

 

ブログの外観のいじり方や、ブログランキングでの集客など、趣味ブログを楽しみながらいろんな戦略を実験的に試し、一ヵ月で1万円の収益を出すことができました。

 

初月から収入が出る点では、やる気アップや自信につながるので楽しく続けられます。

 

そこで今回は、参考記事としてクリック報酬型アフィリエイトを2種類紹介します。教材選びの際などの参考にして下さい。

※記事が長くなりましたので、クリック報酬型の2つをそれぞれの記事に分けています。

そもそもクリック報酬型アフィリエイトって何?

クリック報酬型アフィリエイトとは、ブログ内に設置した広告を読者がクリックすれば報酬が発生するというアフィリエイト手法です。広告会社はGoogleアドセンスが大手で間違いありません。

 

報酬単価は案件によって10円~100円程度とかなり開きがあります。

 

クリック報酬型では、集客が命で、実際に商品の紹介は必要がない点で参入しやすい分野です。Googleが読者の検索情報などを集めて自動で最適な広告を表示してくれます。

 

書き手の戦略としては、多くの人が関心を持っている出来事(=トレンド)をうまく記事に盛り込むことで集客していくことがカギになります。

 

この関係で、トレンドアフィリエイトという呼び方をされることが多いです。

 

そこでアフィリエイト初心者が最初にすることは、参入するトレンド種類の絞り込みがメインです。

 

参入トレンドによって長期トレンド型、短期トレンド型の2種類に分けられます。実際に教材を選ぶときもどの種類の教材なのかをよく確認し、ご自身の興味関心にあったものを選ぶようにしてください。

 

実際にどのような戦略を立てていくものかを個別で記事にして解説しています。興味を持ったものから読んでみて下さい。

気軽に入門できるアフィリエイト①【長期トレンド編】

2018.01.11

 

気軽に入門できるアフィリエイト②【短期トレンド編】

2018.01.11

 

クリック報酬型は収益化スピードがほかに比べて格段に速いことと、すべてのアフィリエイトの基礎が学べることとで、副業で初めて見るには最適という面も持っています。

 

いきなり勉強量が多いのは嫌!と思う方は、とりあえず好きな事をブログに書いて、広告を貼るだけでも良いでしょう。少しずつ、どんな記事が読まれるかが見えてくるはずです。

 

商品紹介ができそうならAmazonアフィリエイトがオススメ

僕は一番最初は、読書感想ブログ+Amazonアソシエイトという手法で練習をしていました。

 

Amazonアソシエイトとは、Amazonで販売されている商品を紹介できるアフィリエイト手法です。

 

一般的な成約型と違う点は、紹介商品を買われなくても報酬になる点にあります。

 

ブログ内に設置した広告をクリックされた後、ブログ訪問者がAmazonで別商品を買ったっとしても、報酬が入る仕組みなのです。ただし、クリックから24時間以内という縛りがあります。

 

単価は商品価格の2%~3%ですのでかなり低いですが、購入された商品が何かがこちらにわかるため、売れる商品の傾向を掴むことができる点で優秀です。

 

このブログはアフィリエイトノウハウを公開しているサイトですが、Amazonアフィリエイトで買われている商品は紹介商品とは違うものも多いです。そのおかげで、今どんなものが売れやすいくなっているかを掴めるようになります。

 

ブログ広告にAmazonアフィリエイトを使えば、購買記録を参考により売れやすい商品を紹介することができるようになります。

 

たとえばダイエットサプリをAmazonで紹介した場合に、購入記録に多いのがプロテインであれば、次の記事からはプロテインを中心に紹介していけば売上げは伸びると予想できますね。

 

報酬単価の低さを補って余りある「購買データ」を得ることができるため、Amazonアソシエイトを導入する意味は大きいです。

 

クリックだけでは報酬がないですが、買われる商品は他の商品でも良いため、報酬発生確立が高く初心者にも稼ぎやすい分野です。

 

細かいキャッシュポイントを使って、小さい成果を積み上げてアフィリエイトに慣れていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です