アフィリエイト商材の選び方と販売者の裏事情

アフィリエイトは手段が非常に豊富にあります。(一覧表はこちら

 

種類ごとに販売者もたくさんいるので、何を選んだら良いかわかりにくいですよね。それぞれの販売者は自分の教材の方法が一番と言いますし。

 

アフィリエイトに慣れてくると、商品紹介以外のブログ記事を見て判断することができます。内容がスカスカな人からは買わない!という自信がついてくるんです。

 

でも最初のうちは「とりあえずコレを見ておく!」という指針が欲しいところですよね。

 

そこで今回は、顔が見えない商材の販売者を選ぶ基準と、販売者側の本音を交えた裏事情についてお話します。

 

煽られて買ってみたら、実践しにくいノウハウだった!という悲劇を起こさないためにも、判断基準をもっておきましょう。

 

アフィリエイト商材販売者のコンテンツをチェック

販売ページには商品情報しか記載されていませんので、販売者がどんな実力を持っているのかが判断できません。

 

販売、もしくは紹介している商品を実践している結果、実力がついているかどうかは、他のコンテンツ内容を見ればすぐにわかります。

 

・物足りなさを感じる(1000文字程度の)コンテンツが量産されている

・実体験を語った記事がない

・プロフィールが作り込まれていない(概要だけさらっと書いてある)

 

この項目にピンときたら、買うのを止めてください。

 

1000文字程度の記事を量産するのは、検索順位を上げるために薄い内容を書きまくっているケースが多いです。さらにコンテンツ内に実体験がないのも経験不足を物語っています。

 

また、プロフィールを作り込んでいる場合、ターゲットを絞っている意図がありますのでよく見てください。

 

共感できるポイントが多ければ、発信者はあなたのような人にメッセージを伝えたいと考えています。

 

たとえば「副業であと3万円あれば、小学生の子どもに習い事でもさせてあげたいのに・・と思いながら我慢の連続でした」という内容に共感した場合、同じ年代の子どもがいる状態で月収に3万円をプラスできた人からの情報を得られます。

 

発信者が伝えたい相手が自分である場合、自分が求めている情報を届けてくれる存在になるので、プロフィールに目を通しておくことが大事なんですね。

 

ここまでとは逆に、信用できる情報発信者の基準は、

・コンテンツ内容が既に教材並みに充実している

・具体的なノウハウに具体例までついて解説している

・記事内に時事ネタが組み込まれている

・プロフィールを見ていて共感できる

 

などの場合、読者が飽きない工夫をこらしたコンテンツであり、読者利益を優先する販売者である可能性が高いです。

 

こうした販売者は、自己ブランディングといって、自分の信用を高めることを第一に考えるため、情報を出し惜しみしないんですね。自己ブランディングについてはこちらでお話していますので参考にどうぞ。

 

逆にトップページに自分の月収を晒している人の場合、月収額が莫大(月100万円以上)だと憧れて信用してしまいそうになりますが、グっとこらえてコンテンツ内容までチェックしてみてください。

 

ちなみに、報酬の管理画面は簡単に偽造できます。

 

読者が騙されないように、偽造手順を丁寧に解説したブログがあったので興味があれば見てみてください。

(※こちらから記事に直接飛べます。)

 

実績画像を見るのが怖くなりますよ(笑)

 

さて、ここまでは教材を買う前に「販売者自身の情報をチェックする」という内容についてお伝えしました。

 

ここからは、詐欺まがいの販売者に多い情報商材販売の裏事情をお話します。

 

アフィリエイト商材販売の裏事情

ネットビジネスで生計を立てている人たちは、販売心理学を徹底的に勉強しています。つまり買いたくなるような衝動を人に起こさせる腕前がプロ級だということです。

 

たとえば下記のような文章です。初心者を狙った販売心理学の手法が非常に多く盛り込んでいます。

 

ブログやメルマガなどを始める前に、初心者が真っ先に取り組むべきアフィリエイト手法を限定公開します。

 

その正体はyoutubeアフィリエイト。youtubeを使うのに顔出し声出し一切不要で、動画は無料ツールで簡単に作成できるので参入障壁が限りなく低いからです。

 

ブログ等の作成が不要なので即金化がダントツに早いのも特徴です。早ければ1か月以内に数万円の利益が出始めます。

 

ユーチューバーみたいにおもしろ動画なんか作れないし難しそう。。という方もご安心ください。音源や動画ネタはネットに転がっている「あるもの」を無料ツールにコピペするだけ。あなたがネタを考える必要は一切ないのです!

 

「あるもの」のリサーチなどは実際に僕の実際の動画作成シーンをすべて公開しますので、あなたが時間をかけてネットを探索する必要がなくなります。

 

教材購入後のあなたの作業時間は一日30分ほど。単にコピペした内容を無料ツールでyoutubeにアップする時間だけです。慣れればもっと早くなります。

 

一日30分。たったそれだけの作業で数か月後には月々10万円の不労所得ができてしまいます(笑)

 

同じ作業を繰り返して資産を膨らませれば不労所得で月収50万も夢ではありません。そのすべてを3日間限定ですべて公開します。

 

僕の実際の動画作成シーンまで公開するかは非常に悩みました。

 

ただ、ブログ等のアフィリエイトは成果が出るまで時間がかかり、諦めてしまう人が9割というのが現実。僕と同じように自由になれる仲間がほしいと願う気持ちから、ブログ読者さん限定で公開することに決めました。

 

しかしやはり、僕にとってもライバルが増えるので非常にためらいがあります。従いまして〇月〇日までの3日間の限定公開とさせていただきます。期間経過後は一切公開を予定しておりませんのでご注意下さい。

 

詳細はこちらから。

いかがでしょうか。ちょっと詳細を見てみたくなりませんか?

 

この文章は、

 

・アフィリエイトで成果が出る前に諦めかけている人

・焦って副業を探している人

・情報弱者

 

などをターゲットにしています。

 

こういった文章は、そのノウハウに旨みがなくなってくるとネット上にたくさん現れます。

 

今回の例のyoutubeアフィリエイトは、2017年6月に報酬単価が0.1円まで引き下げられました。従来の約10分の1です。

 

報酬引き下げ以降、youtubeアフィリエイトのセールスが増えだしたんですね。ここに販売者側の裏事情が存在します。

 

参入後、旨みがなくなれば教材を販売

再現性の高い分野は、廃れ始めて旨みがなくなると自分は撤退して、ノウハウ教材を売る方向に動きます。ネットビジネスの世界の定番の流れです。

 

先を見通す目があって、廃れ始めたビジネスでも稼ぐことを考えている。ビジネス家として優秀な人たちなので、詐欺でも何でもありません。

 

が、やっぱり旨みの薄いノウハウを数万円で買うのは避けたいですよね。

 

ちなみに僕は、即金性やノウハウ公開に釣られて3万円もyoutubeアフィリエイトにつぎ込んでしまいました。

 

その後、どうにか一万円を稼いだところで、作業量と報酬が割に合わなくて辞めてしまいます。

※2018年2月1日追記

2018年1月に、youtubeアフィリエイトの報酬支払の審査基準がさらに強まりました。詳しくはこちらをご覧ください。

 

ビジネスを始めた最初の頃って、成果に焦っている分どうしても即金性という言葉につられてしまいます。

 

何かのノウハウが急に流行だしたら「なぜ今流行りだしたのか?」というところまで踏み込んで考える必要がありますね。

 

まとめ

全体のおさらいをすると、

◆アフィリエイトの教材は、購入前に販売者のコンテンツをチェックする

◆旨みがなくなった手法は、ノウハウ販売として流行する

ということでした。

 

美味しい話には必ず裏があるので「なぜこの手法か」と突き詰めること、youtubeの報酬額の件と同じく情報収集を欠かさないことが商材選びに欠かせないことがわかりますね。

 

Twitterではすぐに最新情報が流れて話題になるので、是非チェックしてみてくださいね!

 

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください