パンダペンギンアップデートを知らないと集客できない!!

パンダペンギンアップデートは、googleが2012年より始めた、役に立たないサイトを検索圏外へ飛ばす運動のことです。

 

チェックする項目の違いによってパンダアップデートペンギンアップデートに分かれます。

 

たとえばgoogleの検索ボックスに悩みを打ち込んで見て、表示された結果が的外れな記事ばかりだったら、google使うんおやめようかなって思いますよね?

 

googleにしてみれば、迷惑なサイトを排除しておかないと自社の存続にかかわる大問題ですので、必死に対策を行うというわけです。

 

アフィリエイトを行うにあたって、悩みを明確に認識している検索流入の訪問者は、商品購入のモチベーションも高いために歓迎すべき訪問者といえます。

 

そこでまずは、パンダペンギンアップデートを理解することで、いかに検索訪問者を逃がさないブログを作るかが重要になるわけです。

 

では、パンダアップデートとペンギンアップデートに分けて順に解説します。やってはいけない行為がわかる非常に重要な記事ですので、ぜひ最後までお付き合いください。

 

パンダアップデートはコンテンツの質をチェック

パンダアップデートは、内容がスカスカのコンテンツを上位表示させないことが目的です。

 

パンダアップデート前には、電話番号や検索キーワードだけを羅列した意味不明なページが上位表示されるという事態がありました。

 

こういったユーザーにとって価値の低いコンテンツを含んでいるサイトを上位表示されないようにするアップデートです。

 

当時は自動生成コンテンツといって、キーワードやライバルサイトの文字を貼り合わせるツールを使ったコンテンツが横行していました。他には誘導ページといって地名や名前だけを変更して内容は全て同じというコンテンツなどもあります。

 

裏を返せば意味がきちんと分かってユーザーの役に立てば上位表示されるということになります。その際の一定の基準があるので押さえておきましょう。

 

専門性

医療や法律に関するページを使っている場合、専門性の高いサイト(厚生労働省や内閣府など)から引用したり、専門書からの引用をするなど、信頼できる情報源を利用していることです。

 

アフィリエイト視点で言えば、市場の大きい美容やダイエット、育毛剤など、医療に関する知識を必要とする分野ではより高い専門性が求められます。

 

国や独立行政法人のように、公的に信用できる情報源を使って、引用する場合は引用元を明記することで専門性を高められます。引用時には信用できるデータ元へURLを貼っておきましょう。

 

記事の品質

一つの主張だけにとどまるのではなく、予測できる反論に再反論したり別視点の根拠を示したりして、多面的な分析があるサイトが高評価されます。

 

反論や根拠に自分独自の体験や経験を取り入れることで、主張に対して独自性も生まれるため、他との差別化をはかることができます。

 

実は、直線の専門性の段落で、Googleからの価値基準だけではなく、アフィリエイトの視点を取り入れたり、URLを貼ったりすると良いですよという独自見解を入れて、Googleにアピールしていたことに気づかれましたでしょうか?(笑)

 

広告の掲載

特にスマートフォン利用時にありがちですが、画面いっぱいに広告がでてきてウザいと思うことがありませんか?誤ってクリックしてすぐ戻る羽目になるなど、読了を妨げるコンテンツは低評価されます。

 

どうしても広告を掲載したい場合は、ページ外観をコントロールできるCSS編集を行って抑える工夫をしてみて下さい。スマートフォンユーザーは急増中ですので、パソコン画面だけのチェックにとどまらないようにしてくださいね。

 

重複コンテンツ

人のページをコピーしてくるのは論外です。Googleが最も嫌いしますし、公開日時ですぐにパクリはバレます。著作権的にも倫理的にもアウトです。やめましょう。

 

無意識でしてしまうのが、サイト内部の記事内容の重複です。わざとではなくても同じようなことを言っていると判断された場合は検索評価が下がってしまいます。記事を削除するか統合するなどする工夫が必要です。

 

明らかにペナルティとなる事例はサーチコンソールに警告がきますが、評価は下がるがペナルティではないという厄介な問題になりがちです。

 

共有性

twitterやfacebookなどで共有されると評価があがります。ユーザーが拡散したいほど役に立つと思われているからですね。

 

記事を最後まで読んでくれるお客さんに対して、共有ボタンのクリックをお願いするなど、ユーザーが簡単に共有しやすい環境を整えておくことが重要ですね。

 

パンダアップデート関しては、以上を押さえておけば間違いありません。おさらいすると、

◆ページの自動生成やぱくりなど違反行為をしない

◆公的なサイトなど信頼できる情報源で視野の広い記事を作る

◆最後まで読んでくれた人には共有をお願いする

ということでした。読者に役立てれば良いということに、一定の基準があるというお話でした。

 

ペンギンアップデートはリンク操作をチェック

ペンギンアップデート前には、自分のサイトに他サイトからリンクを貼られている(被リンクがある)と検索上位に表示されていました。

 

他の人が自分のサイトにリンクを貼るということは、また訪れたいという意思の表れであるという解釈から、読者に役に立つサイトであるとGoogleに認識されていたのです。

 

しかしそれを逆手に取り、自作自演リンク有料でリンクを購入する行為が横行し、リンクだらけの役に立たないサイトが上位表示されてしまいました。自分で他サイトをたくさん作ってメインサイトへリンクを貼る、他のブロガーと大量に相互リンクをする、業者にお金を払って被リンクを買う等、ブラックハットSEOで上位表示されていたのです。

 

こうした質の悪いリンクへのチェック強化がペンギンアップデートです。

 

ペンギンアップデートに関しては、やってはいけないことを理解しておくことが重要です。素人でもできる自作自演リンクや有料のリンク購入はもちろん、安易なSEO外注、サイト作成外注は気を付けたほうが良いでしょう。

 

外注した結果、質の悪い被リンクを大量につけられた記事を納品されるなど、実際に被害に遭った例が見受けられるからです。また、隠しリンク隠しテキストといった、ユーザーには見えないが検索エンジンにだけ見える形でリンクやテキストを貼る行為が知らないうちにされていることもあります。

 

結局、リンクというものは本当に役に立つと思われて自然に得るもの(ナチュラルリンク)であって、リンクに関して意図的な対策はしないという心構えをもっていれば十分でしょう。

 

パンダペンギンアップデートについてまとめ

アフィリエイト初心者のうちに気を付けておくべきことは、コンテンツを充実させるパンダアップデートの内容をよく勉強することで十分です。

 

パンダアップデート内容については、思うように成果が得られないときについしたくなるような行為をこらえるため、絶対にやってはいけない行為を知っておくと良いでしょう。こつこつ積み上げたコンテンツが一瞬で検索圏外になることは誰にでも起こりうるリスクであることを押さえましょう。

 

今回の記事をおさらいすると、

◆パンダアップデートはコンテンツをチェックする

・専門性(社会的な信用の高い根拠を示す)

・記事の品質(多面的な分析が必要)

・広告の掲載(画面いっぱいに広告がないか)

・重複コンテンツ(コピペ禁止、記事内容にダブりがあれば統合)

・共有性(記事の始めや末尾にSNS共有ボタンをつける工夫)

◆ペンギンアップデートはリンクの質をチェックする

・自作自演や自動取得ツール、過剰な相互リンクは禁止

・外注をする際には隠しリンク・テキスト、質の悪い被リンク等がないかを必ず業者に確認する

・やってはいけないことをしないという当然の心構えで十分

 

という内容でした。集客戦略を学ぶ上での一番基礎の知識なりますので、記事作成の際に参考にして下さい。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。





★☆★ブログランキングに参加しています。ワンクリックで終わりますので応援をお願いします。応援はこちらをクリックです。★☆★