SEOって何?注意ポイントは詐欺と不正!知らないとアクセスゼロの危機

SEOという言葉は、アフィリエイトを始めたらすぐに飛び込んでくるワードだと思います。検索順位をあげる対策という意味です。

 

たとえば「副業 稼ぐ」とGoogleで検索をしたときに、できるだけ上位に自分のサイトを表示させるように対策するということですね。当然上位のサイトはよく閲覧されるので、集客効果のアップが狙えるわけです。

 

 

GoogleもYahooも検索エンジンは同じものを使いますので、Googleへの対策だと考えてもらってオッケーです。

 

 

Googleの評価が高いほど上位表示されやすく、おおまかな評価基準が公表されています。サイト作成者は評価基準に合うようにSEO対策を行っているわけです。

 

 

今回はGoogleの評価基準に合ったSEO対策についてお話します。SEO対策の全体像と注意点をまとめますので、集客対策の基礎を身につく内容になっています。

 

読者目線でのSEO対策について(ホワイトハット)

googleからの公式な発表として、検索経由でサイトを訪れた読者が、

 

◆最初に見た記事以外のコンテンツを見たか(直帰率

◆一つ一つの記事を時間をかけてじっくりと読んでいるか(滞在時間

 

を評価対象としていることが知られています。サイト作成者がこのデータを得られるように、Googleアナリティクスというツールを無料で用意してくれています。

 

 

極端な話、直帰率を下げて滞在時間をあげる対策がSEOだといっても過言ではありません。

 

 

興味を惹くタイトルをつけて様々な記事にアクセスしてもらい、心の動きに沿った文章を繋ぐことで記事を最後まで読んでもらうために、サイト作成者は文章の勉強に励んでいるのです。

 

 

読者の興味を惹くために、〇〇する方法〇〇のためのたった1つの理由などのタイトルがネット上に非常に多いのもそのためです。

※タイトル付けに関してはこちらでお話しています。

クリックせざるを得ないタイトルの作成方法(コピーライティング入門)

2018.01.26

 

当然ですがアクセスされても中身がスカスカならすぐに読者は離れてしまうため、コンテンツ内容の充実が絶対条件です。

 

 

つきつめてしまえば、人の心の動きに沿った文章を書く力(=コピーライティング)を突出して学ぶことが良質なSEOにつながるというわけです。

 

 

心に刺さるタイトル付けをすることができ、最後まで読みたくなる文章のつなぎ方を学ぶことがでいるために、直帰率を下げて滞在時間をのばせるからです。

 

 

このように、読者目線に立って有益なコンテンツを作成するSEOをホワイトハットといいます。

 

 

ホワイトハットを実現させるために、魅力的なタイトルの付け方やキーワードの選定、ライバルリサーチなどがSEO対策として挙げられます。

 

 

まずは直帰率を下げて滞在時間をあげることが大事ということを押さえておいてください。

 

意図的に高評価される状態を作り出す(ブラックハット)

役に立つサイトだと読者が判断すると、お気に入り登録したり自分のブログやSNSで紹介するなどの被リンクを得ることができます。他のサイトに自分のブログへのリンクを貼ってもらえるということですね。

 

 

被リンクが多いサイトは、たくさんの読者にお気に入り登録されていると判断され、検索上位に表示される目安になります。

 

 

ただし、被リンクに関しては自分で大量にブログ等を保有して自作自演リンクを貼りまくることも可能です。

 

 

このように、googleの評価基準を裏目にとって高評価状態を意図的に作り出すことをブラックハットといいます。

 

 

googleは常に検索エンジンをアップデートし、ブラックハットを排除するように働きかけますが、その穴を狙って新たな手法で検索上位に表示されるサイトがあります。

 

 

ちなみに、ブラックハットは検索エンジンが大型アップデート(パンダ・ペンギンアップデート)されたことにより、2012年以降は一斉に駆逐されました。

※パンダペンギンアップデートについてはこちらで詳しくお話しています。

パンダペンギンアップデートを知らないと集客できない!!

2018.01.21

 

それまでブラックハットで月収を100万円以上儲けた人が一瞬で月収数千円まで落ち込んだことは有名な話です。

 

 

サイト作成者は、ブラックハットでgoogle規約の抜け穴と戦い続けるわけではなく、読者にとって有益なコンテンツを作れるように文章力を上げて必要な情報をリサーチすれば良いだけです。

 

 

原則として、ブラックハットについて何かを気を付ける必要はありません。

 

 

ただし、SEO対策業者と名乗る詐欺もしくはブラックハットを有料で請け負う業者がまだまだ大量にいるので注意が必要です。

 

 

もちろん、ブラックハットですなどと名乗らず、記事代行やSEO対策を施しますといった業者です。

 

SEOについてのまとめ

今回の記事のおさらいをしますね。

 

◆SEOというのは、検索結果で自分のサイトを上位にさせることを指す

◆読者が1ページ目以上にページを巡回し(直帰率)、最後まで記事文書を読んでくれる(滞在時間)ことが重要

◆コンテンツの質をあげるSEOをホワイトハットという

◆自作自演被リンクなど、意図的に検索順位を上げる手法をブラックハットという

◆アフィリエイターのスランプや不安につけこんだ詐欺が多い(SEOは自分でコツコツと対策するもの)

 

という内容でした。技術的な知識(タイトル文字数やディスクリプション等)は参照すればすぐに実践できますが、文章力の強化だけは自分で知識の積み上げと書く練習をしないことにはどうしようもありません。

 

ご質問がありましたらお問い合わせをしていただくか、厳選した無料ノウハウをランキングにしていますので参考にして下さい。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 





★☆★ブログランキングに参加しています。ワンクリックで終わりますので応援をお願いします。応援はこちらをクリックです。★☆★