社会に適応できない人はネット起業に適応できる

僕は6年半勤めた地方公務員の職を「適応障害」という疾患で退職しました。

 

適応障害とは、はっきりと確認できるストレス因子によって、著しい苦痛や機能の障害が生じており、そのストレス因子が除去されれば症状が消失する特徴を持つ精神障害である。

引用元 Wikipedia   https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%A9%E5%BF%9C%E9%9A%9C%E5%AE%B3

 

引用元にあるはっきりと確認できるストレス因子が、最初は上司と話すことでした。直属の上司との人間関係がどんどん悪化し、雑談だろうと仕事の話だろうと、話しかけようと思っただけで口が渇いて手足が震えるようになったのです。

 

次第に上司のそばに座って仕事をしているだけで頭痛や胃痛がひどくなってしまい、仕事上で上司と話さなければならないことが出てくると頭がパニックになって何も手につかない状態が続くようになりました。

 

業務の漏れがないように、付箋にやる事を書いて貼っている文字が、何度読んでも頭に入らないのです。今まで簡単にこなしていた業務は、数字を計算しようとすると頭がぐちゃぐちゃになって何度も同じ場所を計算します。

 

「佐々木君、それいつ終わるん?あと何時間かかる?俺が死ぬまで終わらん?もう頼んでから2時間経ってるんやんか?」

 

パニックになって仕事の出来が悪くなったことに対して、上司は舌打ちとため息とを繰り返しながら僕を叱り続けます。叱られるとさらにパニックです。自分でもわかっているのに、手の付けようがありませんでした。

 

最初は職場だけの症状だったのですが、次第に自宅でも胃痛や吐き気がとまらないようになります。辛くなるのは決まって出勤前に玄関の前に立った時です。

 

症状が出始めてから3か月後、ついに自宅でひきつけを起こしてかがみこんでしまい、心療内科の受診を決意しました。

 

職場=社会に適応ができなかくなって働けなくなる

医者に診断された結果が、適応障害。ただの病名だとは思っていても「お前は社会に適応できない出来損ない」という烙印を押された気持ちになりました。

当時、心療内科に行くことに抵抗があり、受診前に気持ちを整理するために殴り書きにした手帳の1ページです。今見ても胃のあたりがギュっときつくなります。

 

社会人という言葉は、一般的には職業をもって働いている人を指します。僕は出勤すらできなくなってしまい、社会に出ることすらできなくなってしまいました。

他の皆は、辛くても頑張っているのに。どうして他の皆のようにうまくできないんだろう。他の皆みたいに、他の部署では6年間頑張れたのに、上司が変わるだけで仕事ができなようじゃ、一生安定して仕事なんてできない。

 

社会に適応できない、大多数の、普通の人生を送ることができない。診断書を渡されて休職手続きをした後は、ロクに食事も摂らず、寝ることもできず、一日中泣いていました。そんな自分を恥ずかしいと思っているために誰にも相談することなく、何日も自宅にひきこもっていました。

自殺したくなってまで社会に適応しないといけないのかを考え始める

よし、死のう。4日間ほど泣き続けて、目をつぶっても耳鳴りがして寝られない。時々10分~30分うたた寝をしてはすぐに目が覚めるてしまう、そんな状態で精神がおかしくなってしまいました。

 

でもやはり、生き延びたいという欲求は強烈でした。ベルトで首を絞め、鴨居に固定して台の上から飛ぼうと思うのに、あと一歩が踏み出せないのです。頑張れ!楽になれるから!と自分を応援するのに、足が震えてどうしても動けないのです。

 

そうして震えているうちに台がぐらついて落ちてしまいました。

 

顔の血管のすべてがバクバクして、顔全体が爆発して割れてしまいそうな感覚が全身を襲います。当たり前ですが息ができなくてパニックになり、結局倒れた台に片足をかけ、鴨居を引きちぎる勢いでベルトにぶらさがり、死ぬのを辞めました。

 

ぜぇぜぇと肩で息をしながら、死ぬことすらできなかった自分に絶望してまた泣いていました。

 

社会そのものに適応できないのに転職もしたくない、でも休職をしても職場に帰らないといけないなら心は休まらない。交渉しても異動はさせてもらえない、そもそも職場に行くと吐く。

 

うつ状態に陥っていると、本当に選択肢が真っ暗闇で、グネグネに曲がった真っ暗なトンネルのなかを、何重にも目隠しをして歩いている感覚になります。八方ふさがりなのです。仕方なくスマホを取り出し、ヒントを求めて適応障害というワードで検索を始めます。

 

適応障害はむしろ起業には適応っていう話

むしろ起業には適応、こんなタイトルが検索結果に表示されました。クリックしてみるとそこには、僕に向けた手紙かと思えるような内容です。適応障害で退職し、ネットビジネスで自由を手に入れて幸せになった人のブログでした。

 

他の皆と同じように、大多数の価値観と同じように生きるのが当然と思っていた自分の世界に、起業という生き方ができるかもしれないという希望の光が差し込みます。

 

そこで解説されていた内容がネットビジネスだったのです。店舗や事務所を構えるのではなく、パソコン一台で数万円で始められることに思いっきり惹きつけられました。

 

あなたは起業と聞くと、失敗=借金と夜逃げみたいな怖いイメージがありませんか?

 

しかしネットビジネスは違いました。なかでも自分のブログ等で既存の商品を紹介することで収入を得るアフィリエイトに関しては、そもそも在庫を仕入れる必要がないために借金など最初から存在しないのです。

 

必要な費用はブログの開設費が月数千円です。週末に飲みに行くよりも安いぐらいで資産の構築ができるとあって、一気に学ぶ意欲が湧いてきました。これだったら人間関係からも解放されるし、他人の目を気にする必要がないのです。

 

責任感や他人の目ばかりが気になって無理をし過ぎる性格は、むしろ個人でコツコツ積み上げるビジネスの世界では適応できる!その確信が僕を変えてくれました。

 

適応障害にかかる人は、そもそも真面目過ぎる頑張り屋さんな人です。他人の期待に応えようとし過ぎ、無理して適応しようとするから身体が悲鳴をあげてしまうのです。

 

だったら、自分のためにそのパワーを向ければ確実に資産を積み重ねることができることは間違いないのです。

勝算がはっきりした時点で退職を決意する

そのブログを見つけて以来、もう心の中は適応できない社会からの脱出しかありませんでした。人間関係からも、社会に適応できなくなったら暮らしていけないというお金の悩みからも、全部自由になりたかったのです。

 

会社の期待に応えようと真面目に頑張るがゆえにストレスがたまる姿勢そのものはとても尊い頑張りなのです。社会に適応できないなどと悲観することは一切ないのです。

 

ただ、そのエネルギーを自分を救うために、いつ働けなくなっても平気といえるための勉強に費やしてほしいのです。あなたもいつ社会という巨大な価値観の押し付けに適応できなくなるかわかりません。

 

そんなときにすべてを捨て去って自由を手に入れる、その全て満たしてくれるビジネスがアフィリエイトなのです。

 

月々数千円の資本で、パソコン一台で始められ、不労所得の構築ができ、在庫は一切もたない。

 

ここまで理想的なビジネスモデルは他になく、下の図からわかるように、自由を手にしたい人がどんどん参入しています。年金制度は破綻間近、AIで今の仕事すら失うリスクが高まる中、時代を先取りして参入できるのは今しかありません。

 


引用元 https://www.yano.co.jp/

 

僕は休職期間の残り2週間で情報を収集し、勝算ありと確信したのできっぱりと公務員を辞めました。

 

情報には詐欺まがいのものもたくさんあり、数十万円もドブに捨ててしまう悲しい出来事も経験しました。あなたにはそんな思いは絶対にしてほしくありません。

 

そこで、今せっかくアフィリエイトに興味をもたれたのなら、こちらの無料メルマガで勉強されるのがおすすめです。

 

ワンクリックで即解除できますし、10話構成で読みきりにもぴったりなので、昼休みや寝る前に無理なく自由になるための知識を得ることができます。

 

 

橋本雅さんという方のメルマガですが、無料プレゼントといいメルマガの内容といい、ネット上なら2,3万円取って当たり前の内容がこれでもかというほど詰まっています。彼自身、月収100万~300万を自動収入化した、プロ中のプロです。

 

ここで即行動を起こせるか否かが、社会に適応し続けるか自由になるかの分岐点だと思います。

そのうち お金がたまったら そのうち 家でも建てたら そのうち 子供が手を放れたら

そのうち 仕事が落ちついたら そのうち 時間のゆとりができたら

そのうち・・・・・

そのうち・・・・・

そのうち・・・・・と、

できない理由を くりかしているうちに 結局は何もやらなかった 空しい人生の幕がおりて

頭の上に 淋しい墓標が立つ そのうちそのうち 日が暮れる いまきたこの道 かえれない  by 相田 みつを

最後に記事のおさらいをします。

◆社会に適応できないならむしろ起業には適応できる

◆アフィリエイトビジネスはPC1台で始められ、小資本で在庫がなく参入リスクがほぼゼロ

◆無理に社会に適応する努力よりもコツコツ資産を積み上げて自由になる努力をしよう

という内容でした。最後まで読んでいただき本当にありがとうございます。





★☆★ブログランキングに参加しています。ワンクリックで終わりますので応援をお願いします。応援はこちらをクリックです。★☆★